teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/738 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

こまったミカドがいなかったわけではありませんから

 投稿者:印度総督  投稿日:2021年10月27日(水)22時15分56秒
  通報
  おモチさん
 『大鏡』、『古事談』なんぞ読みますと、お騒がせな天皇がいなかったわけでは無いヨーです。神の子孫の一族とは申せ、生物学的には人間としてお生まれになられたのですから、良いトコの子として色々あっても仕方がない、それこそ下々の我々の預かり知らぬ世界があってしかるべきでしょう。

 ウチにはテレビも無いし、新聞も取ってませんから、ネットニュースの見出し(とたまに記事本文)を読むくらいなので、ご結婚が本決まりになっていた事に驚いていたら、ご成婚遊ばされていたわけですが、戦後日本では婚姻は当事者の合意にのみ基づき、それとともに新たな戸籍を立てるのが通例ですから、「母」が(マスコミ報道の通り)アー云うひとであっても、無関係を貫いてバチはあたりますまい。

 「母」が問題だと云うなら、江戸時代みたいに良家の養子にして、結婚させれば誰も文句は云えませんヨ(『明治天皇の玄孫』を売りにしている人の養子にしてやれば、皇族復帰の近道にもなって、三方ヨシではありませんか)。
 
 
》記事一覧表示

新着順:14/738 《前のページ | 次のページ》
/738