teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/667 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ご無沙汰しております

 投稿者:  投稿日:2019年 6月14日(金)00時24分29秒
  通報
  ”盥は古代の遺物”、大変に好記事ですね。過日の早川タダノリ&斉藤美奈子イベントでは料理と食卓の歴史が取り上げられ、料理らしい料理が家庭で作られるようになったのは台所の改良があった明治の後半以降のこと、ちゃぶ台で食事なんてもっと後のことなどとお話がありましたが、洗濯の話はなかったかと思います。思えば、両巨頭も「洗濯については触れていたっけ?」と思うばかり。約100年前に”洗濯はとっても重要なのにみんな気にしてくれない、キィ~~~”と嘆いた状況が今日も続いているといえなくもないですねえ。まあ、家制度とかナショナリズムとかとの関係が薄いので彼らに注目されずらいのは仕方がないのですが。
 盥で踏み洗いはしたことがあります。夏なら気持ち良いのですけどねえ。洗濯板はどうだったかな?怪しい記憶では家庭科でハンカチを洗ったことがあったような気がしないでもありません。
 洗濯機の方は生まれる前からあったそうです。金持ちで優しい親戚が兄だか姉が生まれた時に節句の人形代としてお祝いを下さったそうで、それで洗濯機を買ったそうです。10月から4月まで冬のような寒いところだったので大変助かったとか。やはり手を濡らさないで済むことは重要のようで。また、近所にはなかったので大変自慢だったようです。
 掃除や食器洗いは大変めんどくさくて嫌ですが、洗濯は洗濯機のお蔭で嫌いではありません。ただ、畳んでしまうのは非常に面倒で嫌ですねえ。掃除や片付け、キチンと畳んでしまえる方は尊敬してやみません(そういう病でなければ)。
 今月の記事も楽しみにしております。
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/667 《前のページ | 次のページ》
/667