teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


10分でも聞けたなら800円の価値はあるでしょう。

 投稿者:  投稿日:2018年 9月23日(日)00時50分20秒
   月あたまの平日というのがますますよろしくないですよねえ。とはいえ、10分でも聞けたなら800円の価値はあるでしょう。

 斉藤美奈子姐さん(安倍総理と同級だそうな)はたまに講演情報が流れてきますし、何回かお話を聞きました。が、動画検索をしても引っかかりません。大変エスプリに富んだ(婉曲)お話をなさるからでしょうか。

 まあ、お二人とも編集者ですし、主催も出版社連合なので、全く文字にしないということも無いでしょう。週刊読書人とかに出るかもしれませんし、3組の連続講演(斉藤貴男X三宅勝久(スラップを食らった武富士よりも安全と自衛隊の暗部を暴く怖いもの知らず。田母神のとんでもなさを最初に暴いた)、徐京植X高橋哲哉)なので纏めて1冊とか、ブックレット3冊とかはありそうですけどね。

 このところ、薪をくべるどころか、ナパームをボコボコ放り込む事態が続いているので、主催もお二人も幸か不幸か非常にテンションが上がっていそうです。10月頭には直近の件の実相も彼ら業界の皆さんには見えてきていることでしょう。斎藤十一のあそこは某社と並び大昔から俗情に阿り劣情を煽って儲ける商売で有名で、批判本もいくつかあったはず。その辺りも含めて裏事情を伺えるのではないかと期待しています。
 
 

10月4日は平日てはありませんか!

 投稿者:印度総督  投稿日:2018年 9月22日(土)08時14分8秒
  > 斎藤&早川トークライブ
 絶対活字に出来なさそうな毒舌トークが展開されるんでせうね♪
 この日は定時過ぎまで会議があるので、会社出て間に合うか、非常に際どいンです。
 

10・4早川タダノリX斉藤美奈子!トークライブ

 投稿者:?  投稿日:2018年 9月19日(水)18時06分50秒
   こんばんは。
 早川タダノリX斉藤”戦下のレシピ”美奈子トークイベントが10月4日、神田三省堂裏の東京堂書店であります。長年願い続けた夢の対決、マッチメイクなさった「平和の棚の会」に感謝の涙がちょちょぎれております。
 総督も如何ですか?

開催日時:2018年10月4日(木) 19時00分~(開場18時30分)
開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール
参加費: 800円(要予約)
参加ご希望の方は店頭または電話にて、『斎藤さん×早川さんトークイベント参加希望』とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせいただくか、上記「お申し込みはこちら」から専用予約フォームhttp://www.tokyodo-web.co.jp/contact/#hall97にご入力の上、送信してください。イベント当日と前日は、電話にてお問い合わせください。
ご予約受付電話番号:03-3291-5181

http://www.tokyodo-web.co.jp/blog/?p=17368

 

古色蒼然な「ホームページ」にようこそ!

 投稿者:印度総督  投稿日:2018年 9月10日(月)20時56分38秒
  > りべら様
 このネット世界の片隅を見つけていただき御礼申し上げます。
 拙サイトは戦前・戦中(昭和アタマから敗戦まで)を守備範囲(穴ばかり、エラー続出ですが)にしているため、ご紹介いただいたような、露骨な風俗壊乱ネタを手に入れることが出来ずにおるのが実情です(そこいらの本屋に売ってない、あっても安くない、他の資料を先に買ってしまう)。

 と云うわけで、近々早々ご希望にお応えするお約束は出来ません。が、「兵器生活」を15年以上もやっていて、エロ話の一つくらい載せられなくてドースル、との思いはあるのです。

 月一回の更新がやっとです。何かの折りに思い出していただければ幸いに存じる次第です。
 

カストリ雑紙特集やろう!

 投稿者:りべら  投稿日:2018年 9月 9日(日)08時51分33秒
  カストリ雑紙については、近年施設図書館や古本屋でも高値で売れてブームです。
有名な雑紙「奇譚クラブ」については。70年代の最終号までサイトで閲覧も可能です。

おもしろいのは、昔のエロ本は異性愛・同性愛が同時に掲載されているんです。
だから・・腐女子が喜ぶ元祖BLボーイズラブ小説がたくさんあります。

昭和20年代のカストリ雑紙は地方で発売されたもの、同人誌的な少部数発行のものも合わせると、星の数ほどあったらしい。現存しているのはその一部です。
「奇譚クラブ」は、太宰治・三島由紀夫・水上勉・井伏鱒二など、文豪が競って購読した雑誌でもあります。あの「家畜人ヤプー」で有名な沼 正三が連載・後年はSM小説の大家・団鬼六がレギュラー連載していました。

さて、その中でも現存が少ないレアな雑紙に「風俗奇譚」があります。
名前がよく似ていますが、奇譚クラブよりもリアルさを売りにした雑紙でした。
この雑紙は、ゲイ=同性愛の話題と小説が充実してまして、後に有名な同性愛者向け雑紙
「薔薇族」・「さぶ」といいった同性愛者向け雑紙の基礎を作りました。
三島由紀夫や川端康成が偽名で投稿した、まぼろしのゲイ官能小説が掲載されているらしい。

「風俗奇譚」のサイトをご存じの方、現物をお持ちの方、ぜひ名乗り出てください。
情報をください。


http://nawa-art.com/backnumber/backnumber.htm

 

おもしろい!!

 投稿者:りべら  投稿日:2018年 9月 9日(日)08時22分52秒
  レトロでおもしろい・そしてシンプルな掲示板なので最高!
これからもどんどんおもしろい話題をのせてください。
ネタのご紹介!!
私は腐女子です。「葉隠」と「衆道」古典ゲイと戦時下における性的マイノリティー&旧軍内における男性同性愛の研究をしています。

欧米の軍隊とちがって、旧軍は・・・ゲイ・バイ男がたくさんいたの!!
日本はキリスト教社会ではないから、厳しく取り締まる事もなし、明治時代以降、もともと男色の盛んな薩摩藩・土佐藩の人々が政治の中枢に入り、旧軍の高級将校に就任した関係で、男だけで寝食を共にする、軍関係の学校や旧制高校で温存されました。

昔の軍隊には、””お稚児さん””=ショーネン=美少年という武窓用語があった。

・稚児騒ぎ=だれが一番美少年か上級生がさわぎたてる
・稚児もさり=特定のお相手の美少年を横取りする事
・ブスケ=醜男
・夜襲= 夜中に兵舎に押し入って、意中の美少年と性交渉をする事
(元は陸士と同じ敷地内にあった陸幼は、これが原因で移転しましたよー)
★終戦直後に発売されたカストリ雑紙ー奇譚クラブに、元大阪陸軍幼年学校の生徒だった方の告白手記があります。入学して一週間もたたず上級生の夜襲にあってほぼ例外なくお尻を掘られてしまうそうです。隣に寝ている秀麗な同級生のベットに誰かが入り込んで、毛布から出ている足の指がぎゅっとふんばって、くぐもるような苦痛の声が聞こえてくる・・・という生々しい事例がのってます。やられたらやりかえす暴力の連鎖が伝統として続いていたらしい。

・ペギる= アナルセックスのこと
(海軍の隠語です。やらしーモロにホモセックスの事ですよ~。)
大戦末期に大量の少年兵が募集されたけど・・~?稚児の盛りは、15.6?という言葉があります。江戸時代に男色の対象になったのは10代の幼い少年達です。可哀想~逃げ場のない船の中で、幼い少年兵たちの運命は過酷な戦闘や体罰だけでなく、セクハラ=性的な虐待もあったわけです。

くわしくは、アマゾンKindlで無料購読できる「軍隊と男色」に掲載中です。
イラスト版は完売ですが、文章版があります。
~知られざる性的マイノリティーから見た帝国陸海軍・男色告白手記集です。~
 

「20年1月」の括りで見てみる必要はありますね

 投稿者:印度総督  投稿日:2018年 8月19日(日)09時43分38秒
  > Lさま
 35銭の飛行機雑誌を買ってもらえる家の少国民は教育程度が高いものと推測は出来ますが、「建前」「定型」理論通り、前半は前半で読み飛ばしているのかもしれません。
 記事を書いた人自身が、多少危ない事を書いても、あとにそれを否定する言葉を連ねれば、問題はないのだと信じているフシもあるのかもしれません(そうなるとコッチの組み立てが崩壊しちまうのですが…)。

 当時の高等教育普及率を考えますと、ウラ読み・行間読みを日常的に出来たのは”要注意人物”ばかりなのかも知れません(笑)。
 

今月もグッと来ました

 投稿者:L  投稿日:2018年 8月18日(土)16時29分39秒
   こんにちは。今月もグッと来ました。44年の末と言えば、「暗黒日記」で「日本人は今初めて『戦争』を体験している」で評される直前ですね。これから敗戦までの8ヶ月で日本側の死亡者の3分の2、200万人近くが殺されるわけですが、それを予感したような書き振りです。

 さて、独裁国では得てして人々のリテラシーが発達するやに伝えられますが、敗戦前の本邦ではどうだったのでしょうね?

 今日のポンニチの有様を思うと、この行間に染み出す思いがどれほど少国民に伝わったか、うすら寒くさえ思います。


 この元記事という「瓶の中の手紙」はもっぱら漂うばかりではなかったかと
 敗戦前の教育は、どうも建前と定型を叩き込むことに終始していたイメージがありますので。

 今日において総督がこうした記事を選んで、子細に解説して下さるのはとてもありがたく、今月も感謝です。
 
 

生活保護世帯もクーラーが

 投稿者:印度総督  投稿日:2018年 7月28日(土)23時22分48秒
  > Lさま
 件のニュースには別な意味で驚きました。フトンの美麗さで都庁下のホームレスに負け、クーラーで保護を受けられる世帯の後塵を拝すと(もちろん、道具の有無だけの話ですし、記事を読むとこれから保護を受ける人だけが対象となるような事が書いてありました)♪

 冷蔵庫は、引っ越しした時にもらった1ドアの小型なものでありまして、撤去したあとは当然本の山が積み上がり、その高さは、もとの冷蔵庫の倍にならろうかしております(笑)。

 お互い(他の読者の方も含め)この夏を乗り切りませう。
 

総督閣下は冷蔵庫まで持たないのですか!

 投稿者:L  投稿日:2018年 7月28日(土)17時57分51秒
   こんにちは。猛暑の反動、正比例?で今度は颶風、否、サイクロンがやってきましたねえ。以前、杉並、渋谷などでも溢水がありましたが、総督府のご様子は如何ですか?
 今月の記事も時宜を得て、新聞の下段のコラムのようです。
 氷冷蔵庫について漫然とは知っていましたがこれほど高価なものだとは思っておらず、驚きました。氷点から言って庫内はせいぜい10度前後でしょうから、飲み物を冷やしたり野菜の日持ちを伸ばすのが精いっぱいでしょうねえ。まあ、今日は安いからと肉や生魚を買い溜めすることはなかったでしょうから、これでも便利な物なんでしょう。
 電気冷蔵庫の価格低下と普及は産業と文明の勝利に見えてきましたよ。
 ま、本多勝一はアメリカ取材で”黒人たちは皆、自動車と冷蔵庫を持っている。こういうと、「何だ黒人は貧しくなんかないじゃないか」と日本人は思うだろうが、これは貧しさのせいなのだ。車がないと生活が出来ないような劣悪で家賃の低い地域に住み、仕事に追われかつ店も少ないので週に一度休日に車で食料を買い溜めに行かなければならないからなのだ”と数十年前に書いていました。70年代に学研の付録のアンソロジーでその記事を読み、(アメリカの黒人は大変だねえ。貧しさの形は様々なんだな)と思っていましたが、見事、本邦の皆さんも60年前後のアメリカ並みに出世しましたね。もっとも、件の記事では子沢山な黒人家庭が登場していましたから、軽やかに追い抜いたというべきなのでしょう。
 さて、閣下は冷蔵庫も排していらっしゃるのですね。自販機やコンビニがあるとはいえ、さすがのストイシズムに背筋が伸びてしまいました。お仕事で毎日遅いので、総督府ではほとんど飲み食いをなさらず必要に迫られないのでしょうね。
 浮いたお金は研究と勉強に当てていらっしゃるのでしょう。また、浮かしたスペースに本をお積みなのでしょう。
 それにしても、新宿でクーラーがなく替りに本を積み上げた部屋で暮らすというのは想像しただけで汗まみれになってしまいます。本は蓄熱しますから、多少気温が下がっても室温はなかなか下がりません。
 貧乏人への人殺しと嫌がらせが仕事の厚労省でさえ、先頃、生活保護者へのクーラー購入補助5万円の通達を出しました(電気代は付けナイヨ)。
 内臓や血管にも悪いでしょう。小生は石持なのですが、医者に行ったら”暑いと汗をかいて血中の石成分の濃度が上がり、再結晶で石が良く育つ。汗をかかないよう冷房を使うこと。水分を絶やさないこと”と言われましたよ。痛風辺りもそうでしょう。
 ぜひともぜひともご自愛ください。
 

レンタル掲示板
/65