teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


クレインズセミファイナル進出

 投稿者:管理人シュルジー  投稿日:2019年 2月19日(火)22時39分39秒
  平日のゲームでしたが、よく入ってくれました。
ここで入らないようなら、本当に終わってます。
試合のほうは、まさかの最少スコア。両チームとも限界の戦いだったかもしれません。
クレインズが勝ち残りました。今週末も釧路を盛り上げて欲しいと思います。
 
 

今日の丹頂

 投稿者:IORRY  投稿日:2019年 2月19日(火)20時37分52秒
  2,788人!
史上2番目(3,120人=2014.03.29、ALIH2013-2014ファイナル第4戦)
 

アジアリーグ脱退報道

 投稿者:unofficial-F  投稿日:2019年 2月12日(火)01時17分22秒
  時事通信や共同通信も報道しているので、そういう動きがあるのは確かなのでしょう。

でも、3チーム+αで日本リーグって、正気の沙汰とは思えない判断ですね。
競技レヴェルはガタ落ちでしょうし、最悪3チームのリーグ戦なんて興行的にも魅力がないし。
B級チームにリーグ参戦を求めるにしても、いきなりB級チームに年間通して参戦できる体力を求める方が無茶です。

結局は、まずはクレインズの存続先の確保の方が最優先でしょう。
 

落としどころは

 投稿者:管理人シュルジー  投稿日:2019年 2月11日(月)21時13分13秒
  おそらくアジアリーグ縮小と、国内の新カップ戦設立・・・ではないかなぁ。
新カップ戦のほうにB級や大学を参加させると。
 

リーグ脱退報道

 投稿者:IORRY  投稿日:2019年 2月11日(月)21時10分33秒
  一応、リーグサイドは否定していますが‥‥‥。

http://www.alhockey.jp/news/2019/02/post-122.html

 

アジアリーグ脱退で日本リーグ復活

 投稿者:管理人シュルジー  投稿日:2019年 2月11日(月)21時04分58秒
  で、実際にどうやるの?
(-_-)
少し前にB級チームから参加を募るみたいな話を耳にしましたが、どこまで現実感のある話なのか・・・。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190211/k10011811371000.html

 

イーグルス

 投稿者:IORRY  投稿日:2019年 2月 3日(日)10時00分49秒
  プレーオフ制度が始まった2004-2005シーズン以降全大会進出。
     RL順位(プレーオフ進出)
2004-2005 4位(4位まで)
2005-2006 4位(6位まで)
2006-2007 3位(6位まで)
2007-2008 3位(6位まで)
2008-2009 3位(5位まで)
2009-2010 2位(4位まで)
2010-2011 1位(4位まで)
2011-2012 1位(4位まで)
2012-2013 1位(4位まで)
2013-2014 1位(4位まで)
2014-2015 4位(5位まで)
2015-2016 4位(6位まで)
2016-2017 3位(6位まで)
2017-2018 5位(5位まで)
2018-2019 5位(5位まで)
ちなみにハルラは2004-2005(5位)、2013-2014(6位)の2シーズン、
クレインズは2014-2015(6位)、2017-2018(7位)の2シーズン
プレーオフ進出を逃しています。
 

王子イーグルス5位!

 投稿者:管理人シュルジー  投稿日:2019年 2月 3日(日)00時07分8秒
  これはたまげた!!  

残り1試合 イーグルス逆転プレーオフなるか

 投稿者:管理人シュルジー  投稿日:2019年 2月 2日(土)01時02分57秒
  これは面白くなりましたね!
でも、イーグルスが勝つと、今季限りのハイワンは敗退。
これも複雑です…。
 

プレーオフの椅子

 投稿者:BBC  投稿日:2019年 1月29日(火)00時24分55秒
  残り一つのプレーオフ枠
イーグルスはGWS勝ちでギリギリ踏みとどまり、週末のハルラ戦に望みを繋げました。

High1はサハリンに60分勝ちでプレーオフ進出でしたが、この3連戦で勝ち点伸ばせず47点止まり。
イーグルスは首位のデミョンから勝ち点2をもぎ取り42点としてその差が5点。ハルラ2連戦で勝ち点5以上の上乗せで進出が決まります。(勝ち点47で並んでも順位決定方式でイーグルスが上回る)

イーグルスは9月の地震の影響で延期となったデミョン・ハルラ戦がレギュラーリーグ土壇場に来て大きなヤマとなって迎える事となりました。ミラクル起こせるか?イーグルス!
 

レギュラーリーグ最終戦

 投稿者:管理人シュルジー  投稿日:2019年 1月28日(月)00時41分59秒
  レギュラーリーグ最終戦となる霧降に行ってきました。
通路まで超満員の霧降は久しぶりで、いい雰囲気でした。
日光のあの雰囲気が釧路で再現できないようでは、クレインズの存続は厳しいんじゃないかと思いました。

写真はブログのほうへ掲載しています。今回は量が多めです。

http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52228410.html

 

前代未聞のシーズンになるかも?

 投稿者:えんぷてぃねっと  投稿日:2019年 1月17日(木)00時03分59秒
  アジアリーグのレギュラーリーグも大詰めですが、8チーム中、日本チームが5~8位となる可能性が、、、、、
王子は韓国遠征を4試合、フリーブレイズは韓国遠征を6試合残しているので楽には勝ち点を伸ばせないかも?
バックスは残り試合全てホームゲームですが、相手クレインズのラストゲームとなるので楽には勝てないかも?
クレインズは釧路でのラストゲームハルラ戦で連勝して日光に乗り込めば3位の可能性もかすかに?
ハイワンとサハリンの3連戦で星のつぶしあいをすれば、ですが。
キラーホエールズはホームでの4試合を残しているので、ハルラは残り試合が多いので、
この2チームが1,2位の可能性が高いのでは?

いずれにしても韓国3チームがそろってプレイオフに進出し、
日本チームが1チームしか進出できないという前代未聞のシーズンになるかも?
 

座して死を待つアジアリーグ…

 投稿者:unofficial-F  投稿日:2019年 1月 2日(水)01時23分26秒
  High1が解散になるのかアジアリーグを脱退するだけなのかはわかりませんが、このまま参戦してもメリットはないでしょうね。

アジアリーグはこのまま座して死を待つしかないのか? と言われれば、現状それしかないのでは?

アジアリーグに代わる新たなリーグを設立できる状況ではないし、国内3チームで日本リーグを再開できる訳ないし、KHLのような別リーグがそのまま引き取ってくれる訳ないし。
何か、妙案ある?

 

ハイワン、AL脱退

 投稿者:管理人シュルジー  投稿日:2019年 1月 1日(火)23時03分2秒
  新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

・・・しかし、新年早々、ハイワンの脱退と、暗い話題が続きますね。
お先真っ暗というか。
ホッケー界は、このまま座して死を待つほか、ないのでしょうか。

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/263531

 

廃部報道

 投稿者:BBC  投稿日:2018年12月19日(水)21時32分15秒
  今日の記者発表。
奇しくも10年前の西武プリンスラビッツ廃部記者発表(2008年12月19日)と同じ日!
あの時に翌シーズンから西武加入の内定者だった井上光明(GK)と上野拓紀(FW)が今回二度目の通告を受けるという運命のいたずら。
何ともやるせない気持ちでいっぱいです。

平昌五輪が終わった韓国3チームも心配ですし、来シーズンが迎えられるのか?
 

何故、このタイミング?

 投稿者:unofficial-F  投稿日:2018年12月18日(火)23時41分35秒
  次に崩れるのが、このチームだとは思いませんでした。
今回の決定の背景には、日本のホッケーよりも北海道全体の停滞感のようなものを感じます。

それにしても、何故このタイミングでの廃部発表?
古河電工活動停止の時は、全日本選手権前で発表したから、マスコミの注目も集まり、大勢のサポーターで存続活動が始まるきっかけにもなったのに、わざわざ全日本選手権が終わるのを待ってからこそこそと発表する今回のやり方には、卑劣な姿勢すら見てとれます。

これで次の廃部出現も時間の問題?
日本のホッケーは、もうダメでしょう。再起不能です。
 

呆然・・・

 投稿者:管理人シュルジー  投稿日:2018年12月18日(火)22時10分5秒
  ついに、この日がやってきてしまいました・・・。

いつかはやってくるかもしれないと頭では覚悟していましたが・・・現実を受け入れることができません。
釧路からトップリーグチームが消えることなど、想像できませんでした。

いま、何も考えることができないぐらいに呆然としています・・・。日本のアイスホッケー界は、本当に危機的な状況です。ここから立ち直る道はあるでしょうか。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181218/k10011751891000.html

 

NHKより

 投稿者:管理人シュルジー  投稿日:2018年12月18日(火)21時55分49秒
  アイスホッケー 日本製紙クレインズ 今季かぎりで廃部へ

2018年12月18日 21時51分

アイスホッケー、アジアリーグの強豪で北海道釧路市を拠点とする日本製紙クレインズが、今シーズンかぎりで廃部することになりました。

関係者によりますと、日本製紙クレインズは今シーズンかぎりでのチームの廃部が決まり、18日にスタッフや選手などに廃部が伝えられたということです。

クレインズは、アイスホッケーが盛んな北海道釧路市を拠点とし、昭和24年に前身の十條製紙アイスホッケー部として創設され、昭和49年に日本リーグに加盟しました。

平成5年に親会社の合併により、現在のチーム名に改称し、平成15年に始まったアジアリーグでは優勝4回の強豪です。

今シーズンは、8チーム中2位、16日まで行われた全日本選手権では3位でした。

日本の社会人アイスホッケーは、平成10年代にチームの廃部が相次ぎ、アジアリーグの日本のチームでは、平成20年から21年のシーズンにSEIBUが廃部になりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181218/k10011751891000.html

 

全日本決勝@東伏見

 投稿者:管理人シュルジー  投稿日:2018年12月17日(月)22時00分8秒
  遅くなりましたが、写真をブログのほうへアップしました。

http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52226179.html

 

新横浜集結

 投稿者:管理人シュルジー  投稿日:2018年11月 4日(日)23時08分23秒
  2日目の第1試合(クレインズvsフリーブレイズ)だけ見に行ってきました。
今シーズンのホッケー観戦は釧路開幕戦に続き2回目ですが、
新横浜へ出向いたのは本当に久しぶりで、振り返るとバックスが優勝した2014年の全日本選手権以来でした。
そんなに行っていなかったのか!?と自分でも驚きです。
スコアボードも照明もホーンの音も変わってしまって、すっかり浦島太郎状態でした。

写真はブログのほうに掲載しています。
クレインズが勝ちましたが、2-1というロースコアの展開は、正直予想していませんでした。
守りが良かったというよりは、両チームとも決め手に欠いたという印象でしたが、なかなか緊迫感があって好ゲームだったと思います。
ロシア人助っ人と外国人GKの補強に踏み切ったクレインズが、昨シーズンとは動きが異なるように感じました。雰囲気的にドプソンがいたころの感じに戻ったような気がします。後ろがしっかりしているので、安心感があるんでしょうね。

本当は、このところ連勝が続いている第2試合のバックスも見たかったのですが、子供と嫁さんを放っておくわけにもいかず、1試合だけで撤収しました。無念・・・。
ところでそのバックス、今日も勝ちましたね。新横浜集結、連勝もすごいですが、勝ちっぷりがまた素晴らしく、バックスとは思えない出来です。
というのも、釧路の開幕戦ではひどい出来だったので、心配していたんですが、あれはなんだったのだろうか。
これは全日本、期待していいですかね?今年の全日本は東伏見なので、できれば見に行きたいと思っています。

http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52223897.html

 

レンタル掲示板
/97