投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ヨハン教会について(378)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:元ヨハン  投稿日:2014年 4月29日(火)19時51分25秒 146.27.235.111.ap.yournet.ne.jp
  元ヨハンでした。この時期はゴスペルコンサートやらイースターのバザーと称して日韓交流など言われ勧誘される学生の方も多いと思います。又、ピクニック等楽しいイベントがあり、簡単にこの教団に通うようになってしまう様になると思います。
そして、夏のKOSUTA JAPANNというキャンプへの参加を促されます。筍長と呼ばれる各グループ(地区と言います)のリーダー(筍長と言います)が保険の外交の様に自分の担当のグループから何人参加するかでステータスが変わるので、執拗に参加を求めます。日帰りでも、途中参加でも、何でもありです。
こんな事が生活の中心になってくると、学生の皆さんは学生生活が成り立たなくなり、パート等で仕事をされている方も感覚が麻痺してきヨハン中心の生活が当然と思い、失うことの多さに気付いた時は手遅れになってしまいます。どうか、人生の大切な時期をクリスチャンとして生きたいのならまずは、歴史ある日本の教会に行って見て下さい。派手なイベントは有りませんが、これが教会だと確信できます。大切な時間を、人生を失わないで下さい。
 

国民性としかいいようがない

 投稿者:脱兎  投稿日:2014年 4月 8日(火)15時59分38秒 KD124208063218.ppp-bb.dion.ne.jp
  こんにちは。
ヨハン脱会者の脱兎です。

先日ネットを調べていましたら
「朝鮮人待日本人六條」なる書物があるそうです。
江戸時代に朝鮮で書かれた、日本人と外交するためのマニュアルです。

そこには
「最初は柔和に、低姿勢で接し、相手(日本人)がほだされてきたら、恫喝、脅迫して相手を翻弄し、支配するべし」
と記されています。

ヨハンや韓国系カルトに関わって痛い目に遭った方々には、苦い思い出がよみがえるのではないでしょうか。

韓国人は、もとより日本人が想像できないほど日本人に敵対心をもっています。
どんなに相手の求める通りに謝罪や賠償をしても、怨み、憎しみがかえってきます。
ここで歴史や政治うんぬんを議論する気はありませんが、
韓国が日本に対し憎しみを抱くように意図的に教育しているのは、明白な事実です。
歴史問題以前に、先の書からわかるとおり、「もとから」日本人を嫌い、おとしいれて当然のものとしています。

ここまで色濃く「恨」を表現する文化です。
キリストの愛と赦しを説くなら、まず彼らが日本人に対する敵対心を捨てないことには始まらないと思います。

日本人は誠実に、求められた通りの謝罪や賠償をしてきました。
差別をしないよう、公明正大にふるまい、心をつくしてきました。

でも韓国には、それを理解してもらえていないように思います。
たぶん私が出会ったヨハンの韓国人信徒も、心からそれを理解している人は少ないと思います。

自分が一時でも信用したヨハンに、および韓国に対し、このような結論づけをするのは苦しいです。
ですが、あの支配的な教会運営には、韓国人のこのような特殊な国民性を理解することなしには分析しようがないと思います。
 

9641さんへ

 投稿者:川島堅二  投稿日:2014年 3月25日(火)08時26分13秒 29.28.87.61.ap.yournet.ne.jp
  ご投稿された内容を読みましたが、私には経験のない事例でした。申し訳ありませんが、お役には立てないようです。  

カルト的暴力的技術的、洗脳的

 投稿者:9641  投稿日:2014年 3月23日(日)12時44分25秒 i60-43-37-16.s30.a048.ap.plala.or.jp
  申し訳ありません。
先ほど掲示板で送信したものですが。

技術的なつきまとい洗脳的な恐怖を伴う行為についてお話を聞いていただく事はできますか。
さらには、警察に介入していただくにはどのような方法でどのように伝えたらいいのか、ご教授いただけたらと思います。
 
    (川島堅二) はい、但しメールでの個人的相談の場合は個人情報を明かしていただく必要があります。

この掲示板上なら匿名でもOKです。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2014年 3月23日(日)00時13分0秒 pw126255026245.9.panda-world.ne.jp
  好きな人がいます。
教会に通っていることは知っていたのですが、ある日のメールで「vision campに来ている」と返事が来て、ヨハンのひとだったことがわかりました。その一週間前頃の電話では「教会の帰りで東中野にいる」と言っていて、まるまる1日教会にいるなんて…と不思議に思っていました。
正直ショックです。
その人がいつからそこに行っているのかわかりりませんが、この掲示板や噂を聞くとなんとかしてあげなければならないと思ってしまいます。本人の気持ちが変わらないことにはどうにもならないですし、時が来るのを待つしかないのかもしれませんが、でも、やっぱり、強くなってほしいです。その人が教会に行くようになってしまったのは、ひょっとしたら私のせいかもしれないかと思うと、心が痛いです。私が守ってあげなければ、その人が壊れてしまうのでは…と不安になります。
その人は明日国へ帰ります。もう二度と会えないかもしれません。このまま離れてしまうのは残念でなりません。力になってあげたいですが、どうすればいいのかわかりません。

 

(無題)

 投稿者:モップ  投稿日:2014年 3月17日(月)22時00分19秒 pd28ba7bd.tubehm00.ap.so-net.ne.jp
  アドバイス、本当にありがとうございます。
元信者さんがおっしゃるように、12月にキャンパスのそば、(それは教会のそばでもありますが)、引っ越ししたばかりです。
その日以来、どうやら、早朝も、礼拝に足を運んでいるようです。ウチに居る時には 何度起こしても起きないような息子でしたが…。本人は、本当に角が取れたかのように丸くなりました。また、自己犠牲もいとわないという気持ちも芽生え始めているのではと感じ、なおさら心配です。ここまで熱心になれる信仰心が、一般的な宗教にだったらよかったのですが・・・。
春休みに、短い間ですが戻って来ると連絡がありました。中々、詳しくは話したがりませんが、それとなくいろいろ聞いてみます。また宜しくお願い致します。
 

Yaddy

 投稿者:モップさんへ  投稿日:2014年 3月16日(日)20時06分34秒 115-36-121-203.aichiwest1.commufa.jp
  息子様ご本人がこの掲示板を見る機会があると、状況が変わるかもしれません。ある意味賭けにもなりますが、内部から、外部からの経験が率直に書かれたものですので、ヨハンに対する見方が変わるかもしれません、同じような体験をなされた方がいれば本人の中で迷いが生じます。ただ、冒頭に賭けと書きましたのは、この掲示板自体がサタンの集まりととらえた場合、逆効果になってしまいます。(サタンとはキリスト教の神に敵対する霊的存在のことです。)韓国のビジョントリップに行くという話がでるということは、おそらく現状はヨハンの方とのコミットが生活のほとんどを占めている日々を送られていると思います。ヨハンのいう信仰が是で、それ以外ヨハンに属さない社会、友人は滅び行く存在だと教えられます(約10年前の状況ですので、現在はどうなっているか分かりかねますが…。)ヨハンというフィルターで物事を見ていることから少しでも外に目を向ける機会があればと思います。ヨハンでは偉人伝的なことをよくメッセージにします、そして自分もそれを目指さなくてはと思いこみはじめます、人は信仰によって成し遂げられた他者の奇跡的体験が自分にも起こりうるんだと期待を持ちます、どんなに辛くても命がけで続ければそれが叶うとさえ思います。(キリストは死をもって救いを成し遂げたということから、キリストの生き様を目標にします。)、ヨハンの教える信仰は、そのように身を粉にして人に尽くす事で、友人、知人、家族、駅前で出会った他人までもが皆ヨハン教会に通い始めるという奇跡体験が起こると教えます。それこそが真の喜びなのだとします。でも、みんながみんなこの立場に立てる訳ではありません、心から是を喜びと出来る人はヨハンにいても平気です、一方、ハードワークに疑問を持ちながらも義理人情で交流を深めている場合、外部への接触が重要な時間になります、その中で本人に疑問が生まれればヨハンを客観視し始めます、その時の受け皿となってあげられるのが家族なのではないでしょうか? マインドコントロールというのはあたかも自分で決断したかのように教団の望む方向に気持ちを向かわせるという内容のドキュメンタリーを見たことがあります。その逆も然りです。自分の心で気づき客観視を始めるかどうかです。近日数名の方が投稿されています内容がそのご本人様の“気づき“に繋がればと願います。客観視できた上で自分はやっぱりヨハンに使命を感じるんだとあれば、そこはご本人の意志だと思います。ここで尽くすことに生き甲斐を感じるんだというのであれば、それも幸せなのかもしれません、ただ、決してヨハン教職者やヨハンを通しての受け売りではなく、ご本人のみの深い考慮と葛藤があったうえで、行き着いた答えであればの話です。  

モップさんへ

 投稿者:川島先生にお世話になった者  投稿日:2014年 3月 9日(日)11時07分59秒 119-175-136-177.rev.home.ne.jp
  はじめまして。私も昔、ヨハンに関わっていた者です。

(1)はじめに:当人の発達とのからみ
今回のヨハンへの入信は、18歳のお子さんが親から与えられた価値観を離れ、自分で選んだ価値観で生きてみるという発達との兼ね合いがあります。このとき、血の濃い間柄でヨハンの是非を感情的に話し合うと、彼(彼女)が意固地になる可能性があります。まずは独立した一人格として本人を扱うのが前提になります。

(2)現在とこれからの本人
勧誘後、一年以内に洗礼を受けている場合、ヨハンではエリートコースになります。洗礼後は、教会内部のスタッフになりますので、かなりシフトが入ったコンビニ店員くらいにはハードワーカーになります。金銭的には、モップさんが仕送りされている場合、その1/10は現在も確実にヨハンに毎月納付されています。また、ハードワーカーのため留年の可能性も高いですが、ここで感情的になってはなりません。ご家族が深い情をもって、彼(彼女)の「すべての受け皿」になってあげること、これです。

(3)本人の気づき
洗礼後、教会のスタッフとしてハードワーカーになるにつき、本人も様々なヨハンの矛盾に気付き始めます。あるいは既にあらかた気付いているでしょう。しかし、ヨハンは物理的にも精神的にも信者を縛る方法を心得ています。20,30年以上、彼らはそれを研究しています。本人が「ヨハンを信じている」と言っても額面通り受け取らないほうが良いでしょう。人の心は一かゼロで割り切れるものではありません。ただ、本人が教会の周辺に住んでいるか教会そのものに住んでいる場合、事態は深刻です。本人が気付いていても逃げられないからです。

(4)脱会のきっかけ
大まかに脱会のきっかけを作る方法は、三種類あります。ひとつは「物理的にヨハンから離れる時間をつくる」、もうひとつは「健全な人様の倫理観」、最後は実は「イエスの行動」です。

まず一点目ですが、人間の脳はどんな間違った事柄でも、1,500回ほど同じ話を聞かされると信じるようです。そこで趨勢の分かれ目は今年の8月15日前後です。韓国では光復節とされ、この日に合わせてヨハンは長野で数千人規模でキャンプをします。このお盆の時期に一日でも帰郷させることが大事です。物理的にヨハン以外の空間で息をさせることが重要。その意味でも、繰り返しますが本人が教会近辺に引っ越すか引っ越している場合、事態は深刻です。

二点目ですが、本人が帰郷された場合、モップさんがご親族のなかで「この方は世間の荒波を乗り越えて、体験的な知恵をもって人として優れている」と思われる方を本人と引き合わせ、なんでも良いので世間話させることが重要と思います。できればその人は、~教授や~部長など頭脳労働的なホワイトカラーではなく、肝っ玉母ちゃん的な人が望ましいと思います。本人の気づきと確信に関わります。

三点目ですが、私はモップさんに書店で何でも良いので聖書を購入されることを薦めます。そこで、「~の福音書」と書かれた四編だけを読まれることです。この~の福音書は、紀元30年前後にパレスチナで行動したナザレのイエスという青年の行動を「素朴な記述・ドキュメント」として書かれたものです。実は、ヨハンの行動はこの素朴なイエスの行動とかけ離れています。ただ、この点に関しては即時的で処方箋的な「ハウツー」ではなく、ヨハンや本人の内在的な論理を読むための前提・基礎教養としての方法です。

(5)脱会の手助けとその後のシナリオ
本人が洗礼を受け、今、教会近辺か教会そのものに住んでいる場合、脱会の精神的・肉体的な労力はかなりのものになります。本人が望むなら、引っ越し費用や携帯電話の総入れ替えなど金銭的な面については糸目をつけず出すことが大事でしょう。また、本人にとってヨハンからの脱会は、必ずしもキリスト教の信仰の否定にはなりません。本人が教会を替え、信仰を続けたいと言った場合、それを尊重するのが重要でしょう。

(6)おまけ:入れ込み度合いの測定
ヨハンへの入れ込み具合を測定する方法として、簡単なものに「使っている単語やセンテンス」をみる方法があります。たとえば、ヨハン人は「(牧師に)従順する」という言葉を頻繁に使いますが、これは他言語から日本語への直訳と思われます。あまり日本語としてしっくりくるものではありません。このように耳慣れない日本語が頻繁に出る場合、入れ込んでいる可能性が高いでしょう。また、「サタン」という言葉が本人から出たり、過敏に反応するようですと、少し深刻です。

いずれにせよ、ヨハンを抜けられるなら一留、二留年など安いものと寛容に構えることが重要です。
 
    (川島堅二) 大変ゆき届いた投稿をありがとうございます。信者を引き合わせる人が~教授や~部長ではなく、という点は、耳が痛いです。確かに脱会の意思のない信者を、私の説得で脱会させたことはありません。いつも無力を痛感しています。  

モップさんへ

 投稿者:ヨハンの元信者メール  投稿日:2014年 3月 8日(土)01時16分41秒 pw126202205183.46.tik.panda-world.ne.jp
  息子さんは春休みに韓国…という事ですが、ただの韓国旅行ではなくビジョントリップというものですよね…きっと。

その感じですときっとマインドコントロールというか、完全にヨハン教会に依存してしまっていますね。私も以前はそうでした。ですが、その時にまわりから何を言われようが依存したヨハンから離れる事は出来ませんでした。

今は息子さんを無理に離脱させようとしてもムキになり更にヨハンにのめり込むでしょう…

川島先生がおっしゃってるように、まずは息子さんの話しを優しくじっくり聞いてあげる事から始めたらいいと思います。

このまま行くと大学卒業後には「献身」させられる可能性が非常に高いです。

そうなると離脱は更に難しくなります。



先日、元統一教会の信者の方とお話しする機会があり、ヨハン教会の内情を話しました。そしたら、あらゆる面で統一教会と似ている!と言われ、その方は思い出して恐怖で震え始めました。


息子さんの話しを聞いて行く中で、世間一般に知られている、正しいと言われていない教団の話しをしたりして、あ、ヨハンに似てるかも。とか思わせたり、徐々にヨハンに疑問を持たせて行ったらいいと思います。(あくまで私の考えですが…)


今はヨハンスタッフにチヤホヤされ、反対してもヨハンはいい所だよ!などと言うかもしれませんが、モップさん!負けずに頑張ってください?



 

(無題)

 投稿者:モップ  投稿日:2014年 3月 7日(金)21時28分16秒 ai126248148196.9.tss.access-internet.ne.jp
  親元を離れ、地方の大学に通い始めた息子が、ヨハン教会に入信し、親の反対をよそに 洗礼まで受けてしまい、この、春休みには、韓国まで行くというのめりこみようです。
親としてどう対処すべきか、アドバイスを頂けたらと思います。よろしくお願いいたします。
 
    (川島堅二) 根気強く対話を重ねるしかありません。親子で心から話しあえる信頼関係を築き、まずは入信の理由などよく聞いてあげてください。同時に、この教会の問題点について勉強され、対話の中で息子さんがそれに気づけるように支援すること。親にできることはそれくらいしかありません。もし本人が私との面談を希望されるときにはご連絡ください。喜んで時間を作ります。  

(無題)

 投稿者:ヨハンの元信者メール  投稿日:2014年 3月 6日(木)22時18分31秒 pw126202205183.46.tik.panda-world.ne.jp
  ヨハンを離脱して他の教会に行き始め、だんだんその教会に慣れて来ました。
最初の頃は何かもヨハンと違い、同じ聖書、同じプロテスタントの教会なのに全く違う宗教に感じました。

ヨハンは戒めが多かったです。今通ってる所は励ましが多く、毎週元気づけられます。

ヨハンは戒めが多いので、長く通うにつれ段々必要以上に自分を責めるようになって行きます。どんどん追い込まれ、今でもヨハンでのトラウマは残っています。

とにかく「神様」ではなく、「先生」や「筍長」を気にして教会での生活を送って来た感じです。

何にしても教会優先なので職場でも不満を持たれ、精神的に来て退職へと追い込まれます。

ヨハンに通い続けると、精神的肉体的経済的にも破壊されます。

ヨハン教会は本当にお勧め出来ないです。
 

かなり久々の投稿です

 投稿者:noa  投稿日:2014年 3月 5日(水)03時00分52秒 pw126205006140.3.panda-world.ne.jp
  今は関東住みで、先日ヨハン教会の方に声をかけられる機会があり、ここを思い出しました。
以前、こちらで救っていただいたnoaです。もう7年前くらいでしょうか?被災地のヨハン教会と関わってました。

無関係になってからも、しゅん長?グループ長?だった方のことをかなり思い悩みました。この方を信頼してたので。韓国語も教えていただいてました。
私が敏感すぎたのだろうか。韓国のスタイルなだけでヨハンはおかしくないのかな、、、と。
韓国人が集まりそうなとこを探して韓国の教会について調べてる過程で今の主人と知り合いました。主人は交換留学生、とある地方のヨハン教会に一度行き、その後も強く誘われたが怒って断ってから誘いはないそうです。主人もあそこは違う、、、との意見でした。主人の友人もその後誰一人行かなかったそうです。ちなみに当時寮にいきなり知らない韓国人が訪ねてきて誘ったんだそうです。

7年の年月が経ちもう当時のことはよく覚えてませんが、神様を使って脅すような言い方をする女性の宣教師が怖かったです。それだけ鮮明に脳裏にやきついてます。
悩んでる方いたら、絶対行かないでください。韓国の興味とかそんなんでも行ってても、簡単には抜けれなくなりますよ。

私は5年前に韓国人と結婚し一男一女の母になりました。ヨハン教会との出会いがなきゃ今の幸せはなかったのかもしれませんが、先日ヨハン教会の字がはいったビラを街中で渡されそうになった時はぞくっとしました。あれ以来、教会が怖いです。
 

お勧めします

 投稿者:川島堅二  投稿日:2014年 2月23日(日)09時56分58秒 pw126254151061.8.panda-world.ne.jp
  色野そらら『告白 とある宗教とわたし』

十代の多感な時期に「幸福の科学」に入信してから離脱までの経過を綴った書。AmazonのKindle版など電子版しか流通していませんが、カルトや宗教問題の当事者、ご家族、すべての人に読んでいただきたいと思いました。とくに家族や友人、恋人など、大切な人が、社会的に問題ありと言われる宗教に入ってしまった人にお勧めします。寄り添い理解することが、問題解決への第一歩ですが、その役に立つと思います。また、離脱はしたものの、まだ心のモヤモヤが拭えない元信者の方には、心の整理に役立つと思います。
 

(無題)

 投稿者:ぱーこ  投稿日:2014年 2月 2日(日)10時50分9秒 FL1-122-135-103-29.tky.mesh.ad.jp
  ヨハン教会に通っていた時間と、同じだけのときが流れました。
時という壁を隔てて思うことを、書かせてください。

もし、色々なものが混ざっている状態を、そのまま受けとめることができたなら。何が正しいではなく、構造を見極める眼があったなら。
誰かの正しさではなく、自分の道を踏む一歩を知れたら。
真実という立体。ひとりの人間が知れるのはその断面であること。
それでも譲れないものを抱きながら、自分の道を行くことしかできないことを、
あの時知っていたら。

私が若さをなげうって学んだのは、それくらいです。

ヨハンという場所が、社会において異質か。普遍的か。
異質だったから出て行ったのでしょうが、出た先の社会でもヨハン的なものには出会います。
欺瞞。
私が最も「ヨハン的」、とつぶやくようになったのは、そういう性質です。
馬鹿にしているのに気づかなかったり、清く正しく美しく見えるものに酔ったり、○か×で考えたり、覚悟のない正義であったり…そういう、現実に覆いをかけてしまう状態。自惚れです。
でもそれは、人間の業ではないでしょうか。
そういう性質が磁石のように引き寄せられて、ヨハンという団体に入り込んだ。そこで先へ進めなくなるほどの不便が生じたからとりあえず出て行った。でも内部の問題は自分で出口を見つけていくしかなく。その過程において事の病巣、自分なりの答えを見分けるようになった・・。
私のこれまでの人生です。
ヨハンという教義に染まったのが初めではなく、元々私という人間に染みついてた癖が、あの世界観に没入させ、こじらせていただけです。ヨハンはただの、磁石であり、増幅装置です。

ヨハンは、人が産み出したものです。
それはヨハンだけでも、宗教、カルト、という枠でもありません。
だから私は、あの場所で感じた「ヨハン的なもの=欺瞞」を。自分の中に。人の中に。ヒット曲に。思想に。三面記事に。裁判に。歴史に。
今も出会うのです。
人間社会というものが一つの人間の身体であれば。
ヨハンを人類のハート(心臓)だ、ブレイン(脳)だ、(解毒する)肝臓だ腎臓だ、と言ってはばからない人間も、この世には存在しますし。癌細胞だ、排泄物だと思う人間もいます。ある人にとっては、存在にすら気づかないのに痛み出すかもしれない盲腸かもしれません。
私自身は、寄生虫に近いのかな、と思ったりもします…
ただ一つ共通して言えるのは、ヨハンに流れている血と同じものが、その外部にも流れているということ。ヨハンを恨んでいても、称えても、批判しても、無関心でも。
人にできるのは、そういった本性に注意深くあろうとすることだけ。それは、後天的なもの、ある種の訓練の積み重ねで鍛えるものなのだと思います。

だから私はあの場所を、懐かしく思い、もう戻ることはないだろう・・と思います。
あの場所は私にとって、その前の小、中、高校と同じようなものです。
同窓会にはいきませんが、私は幼小中高の同窓会にもいきません。会いたい人には会うだけなので、そう思うのかもしれませんが・・
 

NHKラジオ第2「宗教の時間」

 投稿者:川島堅二  投稿日:2014年 1月29日(水)12時56分20秒 keisen-gw-2.keisen.ac.jp
  NHKラジオ第2「宗教の時間」に出演。カルト問題について話します。

2月2日(日)午前8:30~9:00
2月9日(日)午後6:30~7:00(再放送)
「空白の時代に~若者にひろがるカルト~」

詳細は以下のリンク先に
http://www4.nhk.or.jp/kokoro/x/2014-02-02/06/96587/
 

ヨハンについて

 投稿者:ヨハンの元信者メール  投稿日:2014年 1月18日(土)00時30分1秒 pw126206147120.50.tss.panda-world.ne.jp
  ヨハンから離脱した人がそれぞれの思いを持って離れるのは当然だと思います。
先生や筍長は人によって態度が全然違うので、受ける方も変わって来ると思います。
他のヨハンはどうかわかりませんが、私が居た所では、大学生で先生や筍長に従順する人は特に可愛がれ、何かにつけ褒めます。そして色んな所に用います。そして更に褒めます。推します。芸能界みたいな感じです。従順出来ない人は干されます。
信徒は皆神様を見るのではなく人を見ています。競争が激しいので嫉妬や陰口がよく見られます。
30代以上の社会人はお金お金…でお金ばかり要求されます。
大学生は将来献身させる為に至れり尽くせりです。差別が激しいです。
いい気分にさせ筍長にさせた所で献身の話しがあります。圧力と今まで散々お世話になったので断る事が出来ず結局献身してしまいます。
もうそこまで来たら後戻り出来ません。
献身って無理矢理させるものでしょうか?
筍長達が疲れきった顔で奉仕する姿や不機嫌そうに奉仕する姿は見ていてとても気分が良いものではありませんでした。

教会を変えた今、信仰とは何かハッキリわかりました。
色んな面でヨハンはズレています。
ズレた信仰、過酷な弟子訓練(偏っていてヨハンの都合のいいように解釈している)でもいいよ。と言う人以外は行かない方がいいと思います。
 

「決定的に幻滅する出来事」について

 投稿者:匿名メール  投稿日:2014年 1月16日(木)19時37分43秒 KHP059139077005.ppp-bb.dion.ne.jp
  川島先生、私の長々しい駄文に目を通していただき、
また掲載していただきありがとうございます。
ご質問にお答えします。


具体的な場所の言及は避けますが、要はとある他の宗教施設の真ん前で、
その宗教をもろに否定する言動を信者がしているのを目撃した、というのが理由です。


勿論それまでにも牧師や信者のそういった発言は耳にしていましたが、
それはあくまで内々の発言であり、
流石にこの人たちもよそでそのような非常識な真似はすまい、と思っていました。
それがあろうことか・・。


この人たちには異教に対する最低限のマナーもなければ、
自分達の信仰を客観視する謙虚さも持ち合わせていないのだな、と失望したのです。


そんなちょっとしたことがきっかけで、離れることになりました。
 
    (川島堅二) ありがとうございました。

よくわかりました。
 

ヨハンと私

 投稿者:匿名メール  投稿日:2014年 1月15日(水)23時19分14秒 KHP059139077005.ppp-bb.dion.ne.jp
  初めまして。匿名とさせてください。



先日何気なしにネット検索をしていまして、偶然「ヨハン早稲田教会」という懐かしい名前を見つけ、
貴サイトにたどり着きました。
そしてかつて関わっていた教会が多くの方を深く傷つけてしまっていることをここで知り、今、非常に驚いている次第です。

私は現在特に信仰している宗教もなく、またヨハンにて信仰を告白したこともなければ洗礼も受けていない人間です。
ヨハンには大学在学中のおよそ4年間、ごく浅い付き合いながらも関わっていました。
私のような、ヨハンに深入りしないままに関わっただけの者の体験でも皆さんの参考になればと思い、ここにコメント致します。
内容に差し支えあれば非公開として下さい。


私が最初にヨハンに出会ったのは今から10数年前、大学の授業後に同じクラスにいた学生(後の私の筍長になる人物)に
ゴスペルコンサートに誘われたことがきっかけでした。
連れて行かれた場所はまだ引っ越す前の教会だったと思います。
その時には「ああ、キリスト教の勧誘かあ」と思いましたが一見してまともそうな教会でしたし、私自身一神教には懐疑的で信仰を持たない自信があったこともあり、「キリスト教について学ぶ良い機会だ」と考え、自分なりに距離感を保ちつつしばらくつきあってみることにしました。

教会では牧師さんも信者さんも皆人懐っこく笑顔を絶やさずに出迎えてくれ、また礼拝後の食事もおいしく、こんな暖かい大きな家庭のような空間が都内にもあるんだなあ、と感じました。
いわゆるラブシャワーは数回受けましたが、これが実にこっ恥ずかしく(私は讃美歌も歌詞が大嫌いで結局まともに歌ったことはありませんでした)なんでこの人たちは自分たちの内輪の感覚でばかり話を進めようとするのだろう、となんとなく感じました。


その後の日曜礼拝にはたびたび訪れ、夏のキャンプ(COSTA-JAPANだったと思います)クリスマスコンサート、富士山麓での冬季キャンプなど(4年間を通してそれぞれ一回ずつぐらいでしたが)、自分の都合がつく限り、誘いに応じて参加しました。
肝心の説教の内容については、教会で韓国人の牧師さんの話を何度聴いても、部分部分で納得することはあれど、信仰に至るまで共感することはありませんでした。
なにより他宗教を批判する際の言動、また異性関係や婚姻に対する頑な過ぎるほどの保守的な態度が私にはどうにも鼻につきました。とはいえ当時は「伝統的なカトリックも離婚は禁止しているそうだし、こういう保守的で原理主義的な教団もキリスト教にはあるんだろうなあ」くらいの認識でおりました。

大学内の一室を借りて牧師さんを招き、教会に通っていた数名で聖書の勉強会が開かれることも何度かありました。
学生課に目をつけられていたようで、メンバーが「宗教的な集いは困ると学生課から言われた」とこぼしていたのを憶えています。


他の方のコメントにもある通り、クリスマスコンサートでは、ゴスペル(バンド編成のホワイトゴスペルに近いもの)の後に、長くて暑苦しい説教と祈祷がありました。外部から来た日本人の牧師でしたが、その内容たるや例によってだんだん絶叫調に変わるようなエキセントリックな代物であり、内心「これはまずいだろ」と思いながら聞いていたのですが、案の定、コンサート目当てに来ていたであろう人達の中から途中で退席したり、或いは顔面蒼白でじっとうつむいて耐えている人が出てきてしまい「せっかくノンクリスチャンを招いて行っているコンサートを、なぜこんなふうに台無しにしてしまうのだろう」と、実に後味悪く感じたものでした。


KOSTA-JAPANでは猛暑の中、講師の方が(外部から来た牧師さんも含め)入れ代わり立ち代わりで同じような内容の説教をするため、聞いていて実に辟易しました(行かれた方のコメントでシャワーを浴びる暇もなかったという記述がありましたが、私が参加した際には食事・入浴・睡眠時間等、全て十分に取られていました)。
最終日の最後の説教は体育館にて行われ、長くて情熱的な話と祈祷の後にパンとワイン(?)が用意され、係りの先生が指先ほどにちぎったそれを各自の目の前に出して回っていました。私は洗礼的なものと判断し、受け取りませんでした。


勧誘に関してはそれほど執拗な印象を受けませんでした。
ちょっとしつこいぞ、と思うことはあっても、こんなものはよその宗派も似たりよったりだろうと高をくくっていましたし
(そういう意味では実に鈍感なのですが)、電話も件の筍長から折に触れてかかってはきましたが、一日中鳴りっぱなしなどということもありませんでした(日曜礼拝から帰る際、教会の入り口で「なんで来ないんだよ」と携帯で怒鳴っている人間を一度だけ見たことはあります)。
当時PCはおろか、メール機能のない携帯しか所持していなかったということもありますし、私を担当した筍長の性格(穏やかで押しが弱く、議論に向かないタイプ)がそうさせたということもあるかと思います。
私の場合、献金についても強要されることは全くありませんでした。「いつもお世話になっているのに申し訳ないな」と思い、二回ばかり千円ほど礼拝時に回ってくる網に寄付しましたが、筍長から「信仰がないならばお金は払うべきじゃないよ」とやんわりたしなめられたくらいです。このコメント欄でもどなたかが指摘されていましたが、私も「育たない苗」として早くから見切りをつけられ、そもそも期待を持たれていなかったのだと思います。


私を誘った筍長とは、信仰を巡ってずいぶん議論もしました。
前述のとおり、あまり口のうまい人ではなかったため、今にしてみれば彼も言いたいことを上手く伝えられなかったのかな、と思います。私が教会に来ない事を電話口で怒鳴ったり、何度も家に押しかけて強要するようなこともなく(一度だけ自宅に遊びに来て教会の話をされました)、いつも穏やかに諭すような口調で、でも自分達の信仰については頑として曲げず、それでも議論には常に応じてくれました。彼からは、うちの教会は他宗教に寛容であるというような内容の発言もたびたび聞きました。それが説教で耳にする牧師先生の発言とは食い違っていた為、その旨を指摘すると「あれはみんなの前でパフォーマンスとして行っていることだから、つい過激な表現になってしまうんだよ」と返されたこともあります。

私は彼の穏やかで愛嬌のある性格を好もしく思い、出来れば教会抜きでただの友人として付き合いたいとずっと思っていたのですが、彼の話を聞いていくうちに、それはどだい無理なことなのだと悟るようになりました。


その後教団に対して決定的に幻滅する出来事があり、私は教会へ行かなくなり、私が大学を卒業し地元へ戻ることによって、彼らとの関係は完全に途絶えました。教会の誰かから引き止められることもない、実にあっけないものでした。月日が流れ、彼らの存在はいつの間にか私の記憶の遠く彼方に消え去っていました。



独善的な教えに対する反発と、信仰など持ちようもないという諦念と、家庭的な暖かさへの安心感と、ちょっとした気持ち悪さと・・ヨハンにかかわっていた時の私の想いは、実に言葉にし難い、複雑なものでした。


私は彼らの在り方への違和感を、これまでさほど抱かずに過ごしてきました。
宗教とはどんなものであれ、程度の差はあれども排他性や独善的な傾向を帯びてしまうものである、あの教会は偶々私の考えとは相容れなかったに過ぎない。
今でもそんな風に思うことすらあります。
宗教について考えるきっかけを得たのも彼らとのかかわりがあったからですし、そういった意味では皮肉でもなんでもなく、感謝の念すらあります。
実際彼らがカルト的な存在として扱われていることをこのサイトで知り、あれしきのことでカルト認定されてしまうものなのか、そもそもカルトとはなんなのか・・そんな疑問がないわけではありません。
繰り返しになりますが、ここで述べられているようなヨハンの性質・傾向は程度の差こそあれ、他の宗派・他の宗教、ひいては全ての人間が備えている怪物性、人としての業のようなものに思えて仕方がないからです。
しかし常軌を逸した勧誘や引き止めが幾度となく繰り返され、また信者や筍長として篤い信仰を持ちヨハンに長期間深く関わった末に、とても癒しがたい心の傷を負ってしまった人々がこれほどまでにいらっしゃるということは、やはりまともなキリスト教の教えからは逸脱した教団と認定されざるを得ない、ということなのでしょうね。


どなたかが仰っていましたが「安全な宗教とそうでない宗教が存在するのではない、あらゆる宗教に良い面と危険な面が存在するということ」。この一言に尽きるような気が致します。



冗長で取りとめのない文章になりました。最後まで目を通していただきありがとうございました。
 
    (川島堅二) 貴重な経験談をありがとうございました。あえて言えば、ヨハンに行かなくなる直接の原因となる「決定的に幻滅する出来事」がどのようなものであったのかが気になりましたが、具体的に教えていただくことは難しいでしょうか?  

川島教授へ

 投稿者:元信者  投稿日:2014年 1月14日(火)18時06分32秒 174.194.145.122.ap.yournet.ne.jp
  (一部編集の上、公開します。)

私はとある都内の大きな教会にいるものです。神学生もしていますが、ヨハンで4年いました。先日ばったり、ヨハンの元信者と出会い、この掲示板を知りました。

私自身、ヨハンに4年いて独立補助旬長でした。、いまは信仰生活を送り、神学校にも通い、メッセージを語らせていただいております。過去にも多くのヨハン信者が私のところに来ました、人気があるようなことばかりやっていたので、ほとんどの人は私を知ってると思います。それに何人も引き続き信仰生活を送っていますし、結婚もしています。ただ、やはり現実、10人離れれば、ほぼ、信仰生活を教会を送る人は一人くらいでしょう。私の仲間10人以上、教会に通うこともせず、信仰もありません。これをすべてヨハンのせいにしてしまうのですが、私自身、ヨハンがあったからこそ、信仰を持つこともできました。ヨハンで私を伝道した人とは今ではお付き合いしてます。正直川島教授のところに相談される人は、自分は完全に被害者であると認識されてる方が多いのではないかと思われますが、私は被害者意識をもって出たわけではないですから、ちょっと考え方が違うのですが。どうでしょうか?
 
    (川島堅二) 投稿をありがとうございました。

ヨハンに限らず、人が宗教団体を離脱する理由はさまざまであることは認識しています。

離脱の際に私に相談に来た人もいろいろで、ヨハンに対する強い憎悪や嫌悪感、被害者意識をもって離脱した人もいれば、そういう感情はなしに、むしろ、ヨハンに感謝の気持ちを持ちながら、しかし、ここで信仰生活を継続することはできないと自ら判断されて、離脱された方もおられます。

したがって、ヨハン離脱後、教会生活を続けている人も、そうでない人も、私の経験でもさまざまです。

この掲示板の目指すところは、そうした多面性をもつ主観的な経験をモザイクのようにつなぎ合わせて、この団体の姿を理解する一助にしていただきたいということです。

とくに否定的な事実情報で、私が事実を確認し得ない部分については、削除、あるいは編集して公開していますが、それでも誤りや見落としはあるかもしれません。その場合には具体的にご指摘いただければ幸いです。

ただ主観的な感じ方(被害者意識など)は、投稿者の本人が確認できれば、本人の記述、感じ方を尊重して、そのまま公開しています。

 

質問

 投稿者:  投稿日:2014年 1月12日(日)02時14分39秒 125-14-162-104.rev.home.ne.jp
  素朴な疑問があります。
ヨハンの元信者の方が、入会中に個人的に体得した信仰のうち
現実社会で善い行ないにつながるものは、
批判されるべきでしょうか。
 
    (川島堅二) それは特に批判されるべきではないと思います。  

/92