teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


鹿児島かわら版の掲示板の終了のお知らせ

 投稿者:管理者  投稿日:2013年12月10日(火)10時36分18秒
  かごしまかわら版の掲示板として活動をおこなっていましたが、諸事情により本体は既に終了していますので12月末をもって終了させて頂きます。長いあいだ、お付き合い頂きありがとうございました。鹿児島かわら版の管理者  
 

岩手が見解が言えるなら親を馬鹿だと妥協する。

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年12月10日(火)09時26分29秒
    大阪がいつまで待っても知らん顔は岩手に同意し見解無し嘘も方便、金返さなくて正義と言うことになる。いくら聾唖者だからといって大阪の代表のはず。金をさっさと返してけじめ付けない。
 しかも全国協会理事長が同意していた。ボランティアの団体とその本家の理事長が暴走も正義の内だと言って一般は信用するのか。
 岩手の盲ろう者友の会事務局長は過剰庇護からそうだ。その通りだと言い出しお前の親父は馬鹿なのだと言うことに対して見解一つ来ていない。
 馬鹿らしくて退会したら悪口の圧力。口封じ一人残らず相手にするなとし、別団体に行こうとすると悪口妨害する。宗教を押しつけて改心を求める。宗教は4つくらいでエホバの証人は5回来た。 別団体に行こうとすると悪口妨害は2つ来た。一人残らず口封じされたら証拠も作れないだろう。抗議して来たのは大本家に脅迫電話だけ。同じ障害の人や通訳と付き合って何故悪いのか。間もなく8年になる。
 福祉がやっと公平になって暴走通訳に謝罪求めても逃げ回り間もなく満1年になる。相談員を通して白紙化を進めると蹴り差別も当然だという。
 ならば見解が言えるなら妥協すると言ったらこれも知らん顔。 何が正義か判らない。だだこねているだけではないか。
 通訳は聾唖者と一体の扱いで暴走してもかばったことにすれば正当化されている。いわゆる免罪符だ。どんな理屈であっても見解無しで正義とは納得できなくて当たり前。
 福祉さえ妥協したらとしか言わない。親の経歴書を届けても知ったことでないと暴走通訳をかばう。更にかん口令を敷く。
 妻が入院すると受信拒否。亡くなれば口封じを強めてどこからもお悔やみは来ない。喪中に付きのはがきを出すとエホバ証人が来た。「死んだ人にまた逢いませんか」と。福祉は見なかったことしかしない。
 全国協会にしても障害者は支援すると言って全国の友の会に相手にするなと号令掛けている。盲ろうの実態調査の結果も求めれば貰えるのが差別をしている。大阪の暴走まで認めている。ボランティアと言って矛盾だらけではないか。通訳個人が相手なのに暴走通訳は聾唖者をかばったという口実を使っている。そうなれば聾唖者と一体の扱いから暴走が正義にされる。
 抗議して間もなく5年目になる。暴走を正義にするより謝罪するか見解が言えるなら親を馬鹿だと妥協してもいいと言っているのだ。福祉も全国協会も団体優先と通訳への免責を盾に知らん顔している。クリスマスをこんな暴走通訳通るのはしらける。

http://説明不能な正義の理屈

 

説明不能な正義の理屈

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年12月 5日(木)17時54分23秒
    自分は普通の学校を出た聾唖者で34年も前に聾学校を出た聾唖者と約束交わした。守れないまま口実繰り返した。相手は知らなかったと言えば正義になる権利を持っていると言い責められず法律も通らず諦めていた。
 それがはっきり嘘だと奥さんの話に怒ったら所属団体岩手県盲ろう者友の会にあいつを黙らせろと、圧力かけた。相手は次期会長に内定していた。
 盲ろう者友の会事務局長はお前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言う。これでは残っても圧力しか来ない。馬鹿らしくなって退会した。
 後から来るのは悪口の圧力と改心を求める宗教の押しつけ。別団体に行こうにも悪口妨害が来た。
 これに怒って抗議したら事務局長の奥さんから大本家に脅迫電話だけ。 過剰庇護暴走した友の会事務局長は掲示板の中に入って妨害ばかりか宗教の押しつけ。果てはお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これは岩手の自慢のボランティアか。恥さらしではないか。
 福祉は妥協したらとしか言わない。そして抗議に対してかん口令を敷かれた。福祉がやっと公平になって暴走通訳に謝罪取り消し求めたら逃げ回ること間もなく1年になる。
 妻が入院すると福祉は受信拒否した。8月にガンで亡くなると口封じのままでどこからもお悔やみは来ない。
 更に11月喪中に付きのはがき出せばタイミング良くエホバの証人5回目が来た。「死んだ人にまた逢いませんか」と。全通研が反省よりしっこく改心を求める。
 別の団体に行こうにも悪口妨害破棄2回目。大阪の友の会は約束は棚上げ金も返さない。それも全国協会理事長の同意の下。
 全国協会は障害者は支援するといいながら反対にあいつの相手するなと全国の友の会に号令かけている。
 聾唖者問題は何事も無かった。つまり白紙化だけになる解決策しかないのに正義だと言い張る。見解一つ来ない上にここちらを悪いとはどこからも来ていない。
 通訳達は俺たちの正義だと言い張りながら説明不能になる。聾唖者を責めていないのに一体化扱いの免罪符が暴走させている。
 そして謝罪も見解も白紙化さえも蹴るというそれが正義だというのか。だだをこねているだけではないか。口封じとし改心求めるだけではカルト教団ではないか。
 岩手に同意したのなら大阪も見解の言えないまま正義というのか。がめついのと嘘も方便を正義だというのか。がめついだけではないか。
 同じ障害の人や通訳と交流求めて何故悪いのか。全国協会さえ実態調査の結果を求めても差別しかしていない。
 先頭に立ち理事長が自ら差別を進言している。
  全国協会は団体の力無しでは成り立たない。通訳への特別法と団体優先にして知らん顔している。完全孤立に追いつめ口を塞ぐだけになる。
 岩手に対してさっさと謝罪しろと言うべきではないか。
 白紙化も蹴り、見解が言えるなら妥協しようと言っても差別も当然だと岩手はだだこねているのか。ボランティアとのクリスマスはしらけるだけになる。

http://説明不能な正義の理屈

 

暴走目こぼし権利は必要か

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年11月28日(木)10時07分51秒
   聾唖者は法律もモラルも通らなく通訳相手にその暴走を責めて来たが聾唖者と一体の扱いで免罪符が行っている。
 それが福祉や全国協会、ヘレン・ケラー協会などいくら訴えても知らん顔で判ることになる。通訳に暴走目こぼしの特権、つまり免罪符は必要なのか。団体を私物化して謝罪も見解も白紙化も拒み俺達の正義だと差別も当然という。だだをこねているに等しいではないか。
 同じ障害の人や通訳とも7年関わっていない。
 妻が入院して社会的復権を勝ち取らないと激しくなる。それが亡くなってもお悔やみ一つ来ない口封じのまま。
 喪中に付きのはがきを出したらエホバの証人を押しつけられ反省より改心かを求めてきた。
 全国協会さえ全国の友の会に相手するなと号令を掛けた。
 別の団体に行くと悪口妨害2つ目は大阪の友の会。岩手から悪口が入り、年会費払っているのに金は返さず嘘も方便は理事長の同意の元に。こっちを悪に仕立てても団体の暴走を目こぼしにしたいのか。抗議して5年目は間もない。
 福祉が公平になって暴走通訳に謝罪取り消し求めても逃げ回ること間もなく満1年になる。専門の相談所が揃って知らん顔するのま暴走目こぼし権利が実際にあり、公表できない理由があるからなのか。こっちを悪に仕立てても正当扱いするのか。
 モラルも通らなくては責めることは出来ないのは判り切っている。 通訳は健常者。免罪符は必要なんですか。その暴走通訳の奥さんさえ大本家に脅迫電話を寄越している。謝罪も見解も白紙化もなく差別は当然だと言い張る。
 俺たちの世界の正義とはまるデカルト教団のやることではないか。 こちらは普通校を出た聾唖者。聾学校出た人は手話依存で通訳とはすぐなれ合う。こっちはよそ者にされる。
 全国協会さえ暴走を容認している。障害者は支援すると言って大阪の嘘の方便に金返さないことまで同意している。岩手に全国大会の中で釈明させようとしたのは見解を求めたこと。それが参加取り消して逃げた。これは理事長がかばったのか。
 また、盲ろう者の実態調査の資料は求めれは貰えるはずが未だに届かず1年近くなる。 これも差別している。
 通訳や同じ障害の人と付き合うことは法律に触れるのか。親を馬鹿だと認めろと言うのに拒否して退会したら圧力の口封じと改心求めるだけではないか。それなら見解を言うなら親を馬鹿だと妥協ししようと宣言しているのに掲示板は読んでも知らん顔のまま。代わりら全国に問い合わせる形になる。ヘレン・ケラー協会と言う盲ろう者の為の立派な団体さえも知らん顔している。こちらを犯罪者扱いしても団体優先にして仲間を守れそれが正義だと言い張るのか。 免罪符は果たして必要なのか。


 

謝罪、見解、白紙化も蹴る暴走

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年11月23日(土)08時55分26秒
   間もなく抗議して5年目。福祉がやっと公平になつて暴走通訳に謝罪取り消しを求めても逃げ回ること間もなく満1年になる。見解はどこからも来ない。更に法務省関係の相談員の白紙化要求も蹴って差別は当然だという。だだをこねるだけ。
 福祉は団体しか取らず妥協したらとしか言わないまま妻が入院したら受信拒否、亡くなると口封じをそのままどこからもお悔やみは来ない。
 喪中に付きのはがきを出すとタイミング良くエホバの証人5回目が来た。全通研から「死んだ人にもう一度会いませんか」と。反省などしていない。喪中で旧友からお悔やみが2軒届いて居る。
 全国協会は障害者を支援すると言って全国の友の会にあいつの相手するなと号令を掛けられている。大阪の友の会にも金は返さなく嘘も方便に同意している。
 これは通訳を聾唖者と一体の扱いの免罪符のせいで暴走が俺たちの正義にされている。
 全国大会で岩手に釈明を求めようとしたのは見解を求めた事。 それさえも参加取り消して逃げた。
 だったら見解として親が馬鹿だと説明できたら妥協しよう。
 元々自己保身に走る聾唖者の身勝手な話が通訳に持ち上げられそうだ。その通りだ。お前の親父は馬鹿なのだ妥協しろという話だ。法律も利かない聾唖者を責めた訳でもない。しかも当時その聾唖者は会長内定していて今は会長で俺たちの正義として説明不能な話だ。
 こちらが後に引かないのも差別などからの復権がかかっている。通訳や同じ障害者と7年も関わっていないのだ。親戚も納得する見解なら親を馬鹿だと妥協してやる。
   暴走通訳は掲示板の中に入り妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の誇るボランティアとして福祉は必死でかばっている。岩手の恥さらしではないか。
 その奥さんは抗議したとき大本家に脅迫電話寄越して居る。暴走のやりたい放題ではないか。全国協会や福祉には聾唖者をかばったというのだろう。この免罪符が暴走させて居るのではないか。
 何故法律も通らない聾唖者を責めているように見えるのか。通訳にとってかばったと言えば正当化されるからだ。後少しで5年目より見解言えたら妥協する。あれもこれも嫌だとだだこねるしかできないのか。見解言えない俺たちの正義とはあまりにも閉鎖的でカルト教団ではないか。ボランティアに対するイメージのままクリスマス会を迎えるとしらけるだけだろう。



 

 退会すれば口封じと改心求めるのか

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年11月16日(土)06時54分18秒
   大阪の友の会は8月以来機関誌も交信もなくその上勝手に除名にして金も返さない。障害者の為の団体のやることですか。がめついだけのイメージしか出ない。こちらは不正と戦って来たからがめついのは大阪の本領ですか。
 岩手の盲ろう者友の会では退会して余所の団体に行くと悪口妨害するし、親を馬鹿と言って謝罪取り消しより改心させようと宗教を押しつける。そして今またエホバの証人が押しつけられている。
 団体への悪口妨害は2回目。宗教の押しつけはエホバの証人が5回目の他別に宗教も3つくらい押しつけられていた。
 人の親を馬鹿にして反省なとこれぽっちもしていない。
 福祉は見なかったふりしかしない。
 その福祉がやっと公平になつて暴走通訳友の会事務局長に謝罪取り消し求めても来たのは脅迫電話だけで逃げ回ること11ヶ月になる。間もなく新年になると満1年になる。抗議してから間もなく5年目になる。
 福祉は団体優先にして見なかったふりしかしない。
 そしてその暴走は全国協会の理事長も同意するように沈黙しかしない。大阪にも相手にするなと言った様子。
 通訳に規制が行かない限り復権しない事になる。暴走目こぼし権利が甘すぎる。
 福祉も理事長さえもこっちを悪いと言わないまま沈黙している。見なかったことにするという解決しか無いせいだ。
 聾唖者をかばったことにして通訳は嘘も方便を認められている。 大阪は金さえ返せば一応けじめを付けたことになるでしょう。それさえもがめついだけなのでは一般の人は納得しない。
 福島さんに続く門川さんの信用は泥まみれになる。大阪を代表しているのに暴走は暴走ではないか。
 通訳はおろか同じ障害の人とも差別から7年関わっていない。
 大阪は門川さんと聞いて是非と入っていた。金だけ取って知らん顔は自分の決断ですか。年内に半金返す気がないと軽蔑するしそして掲示板に訴えます。
 退会したら福祉容認の差別と口封じと改心求めることはカルト教団のやり方ではないか。福祉は宗教に関われないと言いながら団体優先で暴走でも容認している。
 年末で喪中のにつき、のはがきを出すと口封じから岩手は一人残らず知らん顔。そしてエホバの証人が来た。旧友に知らせると香典が届けられた。随分差がある。
 福祉さえも妻が入院すると問い合わせさえ受信拒否している。暴走しようと目こぼししかしないのが岩手のイメージなのか。掲示板を続けるのも差別からの復権がかかっている。




 

  どっちが改心すべきか

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年11月11日(月)20時39分46秒
   エホバの証人5回目6日忘れかけた頃にまた現れた。今度は一人で大して口利かずパンフレットを置いて入会は名前と住所を書くように指示していった。家に良く来るのはものみの塔でエホバの証人はその分派だから大して違わないく普通の勧誘に見える。
 が、10月末に喪中に付き…、のはがき出したばかりのタイミングと、福祉や社協の関わりは受信拒否されて7月で辞め掲示板を続けていた。
 友の会事務局長は反省としてのこちらの親を馬鹿だと言うことに対して謝罪取り消しよりメンツからどうしても改心させたがつて居るのか。
 宗教関係者がボランティアをやるのは珍しくなくパンフレットも手に入る。初めに来た人はエホバの証人の冊子を置いていった。ばれないように大して口も利かないまま帰った。
 相手は全通研の役員。聾唖者をかばったという口実付けて仲間を守れという訳か。
 友の会関係はお悔やみ一つ寄越さず代理のエホバの証人が「死んだ人にもー度逢いませんか」とパンフレットを置いていったのだ。
 どうしても親を馬鹿だと認めさせたがっている。聾唖者は法律も通らず責められない。初めから暴走通訳を責めてきた。
 全国協会にも福祉にもかばったと口実使ったのだろう。
 同じ障害の人や通訳と差別圧力の口封じから7年関われなく大阪の友の会に入っていた。それも岩手からの悪口で妨害された。全国的孤立に追われる口封じだ。しかもこれも理事長の容認。何処が反省していると言えるのか。
 大阪はがめついだけの姿勢で年会費払っているのに半金返さない。それも理事長に同意求めた結果として金は返さず相手にするなとなったのだ。
 聾唖者は聞こえなくてモラルも通らない。その為免罪符が行く。これは通訳に必要のないことではないか。反対にそうだ、その通りだとあおる言い方しかしないのか。消しかけ繰り返している。
 大阪は聾唖者が相手で責められなくも代表なのだ。嘘付きは許せても金は返さないとけじめは付かない。
 岩手の通訳も反省のかけらもない。免罪符を盾に暴走している。
  理事長は岩手に騙されていないかは釈明を全国大会の中で求めれば嘘が判るはず。


 

 友の会本家の理事長の責任 

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年11月 8日(金)05時56分50秒
   大阪の友の会は金だけ取って知らん顔は4ヶ月目に入りました。いつになったら金返すなり返事するなりしないのか。
 猫ばばがめついだけですか。早く誠意として金返すか見解を話してください。 聾唖者だから許されると権利を盾にしても代表がやっていいことですか。全国の笑い物になってしまいます。
 暴走しても法律は通らず正義だと解釈するのですか。
 暴走しようがかばったのだという岩手の入れ知恵ですか。守れない約束はともかく金を返せばけじめになるはずでしょう。一人残らず口封じすれば正義になると言う入れ知恵ですか。
 岩手にしてもどうして親が馬鹿だというのかも説明、見解抜きです。福祉がやっと公平になったのに逃げ回ること11ヶ月目です。余所の団体に行けば口封じの悪口妨害は大阪で2つ目です。
 同じ障害の人や通訳と交流を求めて何故悪いのですか。それも強引ではなく許可を貰っての話ではないか。約束にしても大阪の代表事務局長が言いだしたことです。それは聾唖者の権利で簡単に取り消した。
 大阪の代表が知らなかったことにして責任逃れをしている。聾唖者だから正義になるとしている。
 岩手は健常者の通訳がかばったという口実付けて暴走を正義の内にした。大阪は金さえ返せばけじめにもなる。岩手は謝罪取り消し無しではけじめにならない。 かばったことにして俺たちの正義を気取っている。
 それらは全国協会の理事長の容認とあっては友の会の本家に見解かけじめを理事長に求めることになります。
 されど質問一つ来ていない。暴走を容認している。
 全国協会理事長は全国の友の会にあいつの相手するなと号令掛けている。全国の盲ろう者の実態調査の結果は望めば貰えるはずが11ヶ月しても届かない。質問一つ来ていない。要するに俺たちの仲間を守れ。それが正義だと言っていることになります。理事長自身が差別を容認している。
 暴走しようと見解はおろか質問一つ来ていない。何度も手紙を出している。メールも掛けている。どうして親が馬鹿だというのか見解を求めます。
 大阪は聾唖者だから仕方なくもがめついだけしか残らない。謝罪も取り消しもしないまま俺たちの正義を気取る岩手に対してはその本家の理事長に決断して貰うしかありません。同じ障害の人や通訳とは差別が福祉の容認で丸7年も付き合いがない。小異会社は支援するという本家が相手にするなとしか言わないのですか。どうして親が馬鹿だというのですか。責めているのは聾唖者ではなく通や奥です。責めていないのにかばったという口実を盾にしている。福祉にすれば岩手の看板としてみて見ぬふりしかしない。其方は全国の友の会の本家で最高責任者の立場です。全国大会の中で岩手に釈明を求めようとしましたが参加取り消した。 逃がしたのですか。妻の生きている内に復権を勝ち取りたかったが8月に亡くなりました。それも口封じのためどこからもお悔やみも来ない。県中知られて居ます。この先別の団体に行くにも妨害される。社協も協力しない。其方は知らん顔だけで相手にするなとしか言わないのですか




 

 がめつい大阪と逃げ回る岩手の共通点

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年11月 2日(土)09時30分51秒
   大阪ががめつく正義の行動を気取ることは全国から非難が来ています。暴走しようが免罪符があり許されるというのか。年会費を払い約束まで交わしながら4ヶ月で交信ストップしている。
 同じ障害の人と交流することに事務局長自ら決めたこと。
 相手にするなと言うのは岩手の友の会の圧力だろう。余所の団体に行くことは口封じの悪口妨害しかでない。
 岩手にしても親を馬鹿にして謝罪も取り消しもせずに俺たちの正義を気取っている。
 大阪の事務局長は聾唖者。知らなかったと言えば許されるが、仮にも県の団体の責任者。約束はともかく金だけ取って知らん顔のがめつさは非難は避けられない。
 岩手の事務局長で逃げ回ること間もなんく11ヶ月になる。聾唖者と一体の免罪符扱いが暴走しか出ない。がめついしか目立たない大阪に対して岩手は暴走しか目立たない。
 全国協会理事長はこれらに特権をやったかのように許可してる。
 聾唖者への聞こえない事への配慮としてはともかく通訳への暴走許可は果たして必要か。かって理事長に手紙やメールで岩手の暴走を抗議したが質問一つ、見解一つ来ていない。反対に全国の友の会にあいつの相手するなと号令を掛けられている。
 頂点に立つ理事長さえ俺たちの仲間という発想しかしないのか。盲ろう者の実態調査の結果は望めば貰える形になっていて請求しているがそれさえも11ヶ月知らん顔のままにされている。会員でなくなって差別していることになる。
 大阪と岩手の暴走は許可された形になっている。
 見解一つ来ないままでは自分で考えて来た結果として理事長への非難になる。
 大阪は聾唖者だから金は返すだけでもけじめは付くだろう。岩四手は暴走そのもので口封じ一人残らずにされ通訳も同じ障害の人とも丸7年関われない差別が福祉の容認で来ている。
 妻のために復権求めたが口封じのままにされ亡くなってもどこからもお悔やみも来ない。来たのは掲示板を読んだ人と団体に入っていない人だけになった。
 復帰は望まないが復権しないと何も支援は受けられない。どうして親が馬鹿だというのかその見解さえどこからも来ていない。岩手の事務局長は謝罪取り消ししか望まない。これも理事長の決断にかかってくる。全国大会の席で岩手に釈明を求めたが参加取り消して逃げた。事務局長は掲示板の中に入り妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが理事長も認める岩手の誇るボランティアなのか。恥さらしではないか。その奥さんは大本家に脅迫電話している。
 岩手の福祉課は岩手の看板の暴走は見なかったことにするしかしない。親を馬鹿というのも福祉さえ認めたらと言うだけ。
 掲示板の中に入って妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。 これが理事長も認め岩手の誇るボランティアか。その奥さんは大本家に脅迫電話寄越している。恥さらしではないか。
 理事長の沈黙は免罪符のせいと思うけれど暴走は暴走ではないか。それでも当然だというなら見解を言うべきではないか。こちらも盲ろう者です。


 

 頂点に立つ人の真意とは   

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年10月29日(火)18時15分6秒
   理事長に聞いてみると言ったままですが返事は相手にするなと言うのですか。
 全国協会の理事長には全国の友の会に相手にするなと号令をかけられて居ます。 こちらは盲ろう舎です。通訳団体の暴走がこちらに何一つ質問もなく見解無しで暴走が正当化されている。
 正義扱いですか。障害者は支援するという団体の理事長が見解抜きで一方的に決めるのですか。こちらから手紙を何度も出してえいます。メールもです。バックを持たないと相手に出来なく金も返さなくていいというのですか。
 野心というほどの事も持たず余所の友の会に入ったのです。理事長でさえ俺たちの世界にこだわるのですか。どういう理屈で岩手の暴走が正しいのですか。聾唖者は知らなかったと言えば正当化し、通訳はかばったと言えば正当化する。それではこっちの親が馬鹿だというのですか。
 岩手の友の会事務局長は謝罪も取り消しもしなく逃げ回るだけ。約束も詫びることもしない聾唖者は責めても無駄としても始めから通訳相手です。見解一つ来ないまま正義扱いですか。頂点に立つ人なら何故親が馬鹿だと言うのか説明してください。
 岩手の友の会事務局長は逃げ回るのが正義というのですか。掲示板の妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが理事長も認める岩手の誇るボランティアですか。その奥さんは大本家に脅迫電話をしています。
 暴走目こぼしが通訳にも行っていることになる。それを説明して貰いたいです。
 岩手にすれば謝罪取り消しすれば済む話。大阪にすれば年会費を払っているが4ヶ月で止まっているので除名なら半分は返してくれればいい話です。がめつく一円も返すなと言うのですか。
 どっちも暴走を理屈抜きで正当化している。見解はどこからも来ていない。
 聾唖者への特別法だと言っても通訳だけ相手にしたのが岩手で大阪は門川さんでその人は聾唖者のはず。聾唖者と言っても団体の代表です。福島さんに継ぐ立派な立場の人が無責任に振る舞っている。
 こちらは現在差別も7年になります。通訳も同じ障害の人も7年相手にするなと言うままです。余所の団体はばれたら妨害される。そして妨害された。全国協会は質問さえせずに相手にするなとしか言わない。
 生活と妻のために復権を求め続けた。2月に妻が入院すると福祉は受信拒否した。 そして8月に亡くなると口封じのままどこからもお悔やみは来ない。県中知られているはず。理事長も知らせた所で知らん顔でしょう。
 通訳の暴走は聾唖者と一体の扱いで法律も曲げてしまっている。それが正義で親は馬鹿というのですか。復権を求めていても福祉も知らん顔のまま権利を盾に暴走している。
 理事長が頂点に立つ人なら見解は言えるはず。それが今も相手にするなだけですか。全国大会の中で岩手に釈明を求めようとしたら参加取り消して逃げた。差別は福祉の容認で7年も続いています。  通訳への免罪符は暴走しか出ていない。抗議して4年半。謝罪取り消し求めて逃げ回り間もなく11ヶ月です。


 

 大阪が岩手に同意なら説明を

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年10月25日(金)06時54分5秒
   聾唖者に法律は通らなくとも通訳は別のはずが一体の扱いしている。岩手の友の会は親を馬鹿だ。妥協しろと言い差別や圧力に宗教の押しつけ、口封じの社会参加妨害もする。抗議しても脅迫電話だけ。福祉さえ妥協したらとしか言わない。やっと公平になっても暴走通訳は逃げ回ること11ヶ月目に入る。事務局長は掲示は銀の中に入って妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあさ笑いしていた。岩手の恥さらしではないか。
 余所の団体らに行けば悪口妨害される。
 大阪の友の会に4月から入り4ヶ月目からここの事務局長は約束を簡単に取り消し金は払っているのに除名同然交信もしない。
 岩手の友の会に問い合わせたら相手にするなとされた様子。岩手の友の会は7年も差別、同じ障害の人達と交流求めて何処が悪いのか。
 年会費払って半年も経たない内からだ。
 岩手にど同意なら何故親が馬世かだというのか見解を話したらどうか。 大阪でさえ嘘も方便にしか解決はないのか。金を取るだけにするのか。 大阪の事務局長は聾唖者て大学まで入った人。それが嘘も方便だと言い張るのか。大阪は全国2番目の巨大友の会の責任者ではないか。約束にしてもこちらが言い出したのではない。自分で言いだし簡単に取り消したこと。こちらは岩手から悪口が入ったら辞める気で居たから半金は返して貰えればいい。聾唖者だから嘘も方便で正当化される。
 岩手に同意ならどうして親が馬鹿だというのが正義なのか早く説明して下さい。
   始めから頼んだ訳でもない約束だから仕方なくもまだ半年もしていないのに除名扱い。説明不能でも金は返せるはず。
 大阪人のがめついりは通天閣より上ですか。これでも日本ナンバー2の盲ろう者ですか。協賛して払ったのに馬鹿らしくなる。早く返して下さい。免罪符は聞こえなかったときの弁解に過ぎないのに逆手に取り暴走を正当化することにしか使わないのですか。責任者らしいしくない。 返してくれれば大阪に抗議は辞めます。がめつくずるく立ち回るのでは岩手と違わなくなります。岩手は一人残らず口封じして証拠も作れうない。大阪には金払った証明は来ています。聾唖者は知らなかったととぼけても正義になる権利がある。全国の人はこんな話は信用しない。
 岩手は通訳の暴走。大阪は関わりたくないだけで知らん顔している。 岩手に同意していないなら金返すだけではないか。岩手に同意なら何故親が馬鹿だというのか答えて下さい。
 福祉は団体が暴走しても止められずこちらにも悪いとは一言も来なく大阪は岩手の団体に同意して知らん顔している。だったら説明すべき。
  岩手の友の会は見解も言えない出任せを俺たちの正義にし、福祉は妥協したらとしか言えない。
 大阪にしても同意なら見解を言うべきではないか。


 

大阪の友の会の見解。

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年10月22日(火)10時34分33秒
   岩手の友の会は聾唖者の自己保身から来た言葉をそうだその通りだ。 お前の親父は馬鹿なのだ妥協しろと言いだした。これは馬鹿らしくて退会した。
 後からは圧力しか来ない。自分も聾唖者だが普通校卒。聾学校出た人は手話依存で約束も詫びることもしない。
 相手は知らなかったと言えば正義扱いされる責められない相手では何も言えないのに次期会長のため過剰庇護する通訳が暴走行動した。
 悪口の圧力に宗教の押しつけや口封じの社会参加妨害。怒って抗議したら事務局長の奥さんからの脅迫電話だけ。
 福祉さえも妥協したらという。
 福祉がやっと公平になって暴走した事務局長に謝罪取り消し求めたが逃げ回ること間もなく11ヶ月目。抗議して4年半になる。
 通訳は聾唖者と一体の扱いで暴走が正当化される。
 差別などから復権を求めたが、今年2月妻が入院して追いつめられて妥協したら来たのは圧力を強め福祉は受信拒否しただけ。
 そして8月妻が亡くなっても口封じのまま県中知られているのにどこからもお悔やみは来ない。
 余所の団体に行くとばれたら悪口妨害される。
 大阪の友の会に入った。門川さんは大学卒で知られ同じ障害の人と丸7年差別から関わっていない。メールのやりとりして協賛会員として許可して貰い半年になる。
 相談相手を紹介しようと言うので是非という所で取り消した。交信が止まった。
 岩手に問い合わせて相手にするなとされたのだろう。交信と機関誌だけがそれも止まった。
 5ヶ月間だけになる。年会費は払っている。勝手でも除名扱いなら会費の半分は返して貰いたい。
 金返せとは不名誉だろうが、責任者が約束も守れずがめつく金だけで知らん顔するのはもっと恥ずべきではないか。
 約束守れなくても聾唖者だから許されるというのか。
 同じ障害者と交流を求めてはいけないのか。
 無責任を繰り返す岩手と違わなくなる。
 岩手の事務局長は掲示板の中に入って妨害ばかりかお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。門川津さんはそこまでやっていないが悪口来たら辞めることは観念なしていた。
 岩手に同意なら暴走をかばうことになる。それではどうして親が馬鹿なんですか。見解一つどこからも来ない話が正義だというのですか。大阪が代わりに返事をお願いします。がめついのと誠意どっちが売り物かと。結局がめついまま知らん顔を決め込んだ。金さえ返さない。暴走も正義の内とは大阪も同じなのか。





 

 何故こうなったか

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年10月14日(月)20時16分30秒
   どうしてこんな事になったか逆算して考えてみた。友の会などかん口令が入ったのは4年ほど前当時友の会事務局長は掲示板に入って妨害を繰り返しお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。このこの後ぴたりと辞め、全て削除して証拠も残さず消えた。
 こちらにはかん口令も説明も無く、一方的悪のされるのかといらいらしたが、悪いとは一言も来ていない。
 掲示板は書きたい放題の再スタートになった。
 地元には火事を起こした聾唖者が大した説明もせずに警察から放免されることがあった。表向きは通訳がかばったことになっているが、クラスメートが消防団にいてこの話を知っているが話せないという。
 聾唖者は法律が通らなくて説明不能を招く。福祉は説明するより相手にするなとかん口令を敷いたのか。
 福祉はこっちに話せない理屈があったのか。
 もっと面白いのは法律の専門家も支援団体もいくら問い合わせても共通して沈黙している。始めはこっち一人悪にされるのかといらいらした。 そしてケースワーカー謝罪を逃げ回る抗議の相手に白紙化を求めて反対に口説かれて自分で言えず自分で「法方テラス」に質問して聞いてみることだと。聾唖者に対する特別法で説明不能でかん口令が敷かれたというのか。
 こっちの相手は通訳一人だが団体の代表で聾唖者と一体の扱いされている。こっちにはかん口令も説明も悪いとも来ない。
 専門家も支援団体も一つ残らず沈黙し悪いとも言わない。つまり聾唖者のやることは法律が通らないため説明不能だというのではないか。
 7月受信拒否されてから何もしていない。沈静化を待っているというのか。妻が入院したら受信拒否して亡くなったら口封じそのままお悔やみはどこからも来ない。表面化を避けたつもりか。
 いずれにしても免罪符とは通訳の暴走がしか出ない事になる。
 説明もないから自分で考えるしかなかったこと。掲示板は中途で辞めるより真実に近づけてから辞めるのがいい。専門家さえ口に出来ないのなら真実のラストは必要ないかと。
  当たっているだろうか。友の会の暴走は全国に知られてスカッとしている。もし福祉がかん口令をこっちにも寄越したら公平なのに寄越さないのも説明できないからではないか。かん口令は悪口も反論も制止されたことになり恨みを重なる相手と差別を強められるかと思う。復権はほど遠くなったが、暴走は事実でこれも一種の天罰だろう。
 真面目にやらないと信用は回復しない。復権どころか差別しか来なくなる。
  「法テラス」の話とは証言もコピーも許さない話だろう。知らぬが仏という意味になるのか。法律の専門家はあなたの人権は憲法で守られていますという。。

 

 嘘も方便は全国共通か。

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2013年10月11日(金)04時21分20秒
   大阪ほど大きな団体でも嘘に何も抵抗持たないのか。聾唖者は嘘にも何も抵抗持たず繰り返す。いざとなれば知らなかったと言えば正義になるのは岩手だけかと思ったら全国共通なのか。嘘を付くのに何も抵抗持たないのか。
 聞こえないと言うことで行き届かないことから知らなかったと言うことで許されるのは判るが、責任者でもそうなのか。大阪の事務局長は自ら約束して覆した。会員として金も払っているのに知らん顔のまま勝手に除名したのは大阪人はがめついとは言え責任者のはず。問い合わせさえ答えなくなった。
 岩手の友の会にはれて相手にするなとされたのか。協賛会員として会費は年払いしている。金だけ取って知らん顔か。
 まだ半年もしていないから半分は返して貰いたい。
 と言っても相手にするなと言うのか。
 門川さんと言った。大学まで行った盲ろう者として福島さんの次の人として知られている。こんな立派な人が簡単に手のひら返すとは信じられない。大方岩手に問い合わせたら相手にするなと言われたのだろう。
 相談相手を紹介してやると言って簡単に取り消した。
 岩手は全国大会で釈明を求められることを恐れて参加取り消している。大阪人はがめついと聞くが暴走する岩手と違わないのか。
 約束守れない岩手とちっとも変わらない。
 岩手の友の会は辞めたら関係ないとして差別は福祉の容認で通訳も一人も関われない。
 抗議しても脅迫電話しか来ない。大阪はまだ辞めていないのに金だけ取って除名扱いか。会員が100人もいると一人位はと暴走するのか。
 会費の半分は返して貰うよう書き続けます。
 聾唖者と通訳は一体の扱いで免罪符が行っている。大阪もなのか。こんな事にも適用されるのか。福島さんに続く立派な立場の人がこんな事して恥ずかしくないのか。
 権力で圧殺する暴力は正義にならない。掲示板で岩手を抗議しても来るのは妨害だけ。復権がかかっているから抗議し続けてきた。



 

 免罪符がもたらしたこと

 投稿者:岩手の盲ろう者  投稿日:2013年10月 4日(金)21時40分24秒
   聾唖者の社会に法律が通らなくて免罪符みたいなのがあるらしいのは知ってるるが、団体にも行っているのか。暴走をいくら告発しても一言も触れない。
 盲ろうの全国協会は障害者は支援すると言って全国の友の会にあいつの相手するなと号令を掛けている。更に福祉を通した盲ろう者の実態調査の結果は望めば貰えることになっているのに10ヶ月しても来ない。会員でないから金払わないと駄目だというのか一言も来ていない。
 岩手の友の会は余所の団体に行こうとすると悪口妨害する。
 大阪の友の会に協賛会員として入っているが、1ヶ月交信無し。問い合わせも答えない。年会費は既に払っている。参加出来ないからと言って金だけ取って知らん顔なのか。
 事務局長は盲ろうで大学に入った人と聞いている。
 金だけ取って除名と言うには大阪は商業の町と言えどぶんどりでないか。
 それとも岩手の友の会に知れて相手にするなとなったのか。それならまだ半年もしていないから半分の会費は返して貰いたい。 謝罪か見解かと求めてもどっちもしないだだっ子の岩手と同じ事をするのか。免罪符は暴走しか出ない、いい例ではないか。
 岩手と大阪の友の会も謝罪も見解も言えずだだっ子になって居るではないか。
 全国協会にしても何故か問い合わせに答えていない。盲ろう障害当事者のことより団体しか相手ではないのか。
 ヘレン・ケラー協会にしても支援すると言うのは偽りか。問い合わせさえ答えなんい。これらの理由は説明不能な免罪符が理由ではないか。暴走そのものが正義ですと言われたような物ではないか。
 友の会を辞めて7年になりその間受けた暴走は正当化されていることになる。妻のためにもと復権を求めたが妻は8月亡くなった。そして1ヶ月過ぎてもどこからもお悔やみは来ない。県中知られているのに口封じはそのまま。
 実際妻が乳阿淫すると福祉も社協も受信拒否している。福祉は風化を待って揉み潰すことしかしない。
 これらの矛盾した話は説明不能な免罪符にある。聾唖者は聞こえなくてルールは伝わらないのだから必要でも通訳団体には必要ないではないか。暴走しかでない。こちらの親を馬鹿にして説明も詫びも来ないまま正義だというのか。大阪の事務局長も早く返事頂きたい。

 

 謝罪か見解か早く決めて下さい

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年10月 1日(火)19時40分37秒
   暴走する岩邸の友の会に対して謝罪求めても逃げ回るだけ。抗議して正確には4年と5ヶ月目。福祉が公平になっても逃げ回ること10ヶ月目。だったらどうして正義だというのか見解くらい言うべきでないか。
 見解も無しに俺たちの正義だと言い張り福祉は知らん顔か。まるでだだっ子ではないか。ボランティアは岩手の看板として目こぼしし過ぎではないか。法律の通らない聾唖者と同格扱いは暴走を正当化するだけではないか。
 どうしてなんですかと何回も福祉にも問い合わせたが来たのは妨害と脅迫電話と口封じ。果ては宗教を押しつけて改心させろとするだけ。福祉さえ相談員が密告する。暴走を正当化する見解は一つも来ていない。
 法律の通らない聾唖者と一体の扱いで免罪符という訳の判らない権利をやると説明不能になって見解も言えない話が俺たちの正義だと言い張るのか。
 こちらとしては見解も来ない話は納得できない事になる。
 自己保身の出任せが正義だというのか。聾唖者は知らなかったの一言で正義になる。それが通訳にも行くと暴走が正義になるのか。何故親が馬鹿にされ通訳はそうだ。その通りだ。妥協しろとしか言わない。俺たちの正義だと言う。妥協しろと言うのは馬鹿らしくて退会したのだ。
 辞めたら福祉の容認で差別しか来なく復権を求めたこと。
 福祉さえ妥協したらと言い拒否したらかん口令を敷き、妻が入院して追いつめられて妥協したら受信拒否。福祉は風化を待って揉みつぶししかしない。社協も受信拒否した。
 口封じのかん口令は強められた。そして妻が亡くなっても知らん顔のままお悔やみは1ヶ月過ぎてもどこからも来ない。県中知られていても口封じのまま。
 暴走した通訳は掲示板の中に入って妨害だけでなくお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。これが岩手の自慢のボランティアとして福祉は必死でかばうのか。恥さらしではないか。
 7年の差別に対して復権を求めてきた。謝罪が嫌なら見解したらどうですか。どうして親が馬鹿だというのですか。岩手県盲ろう者友の会事務局長様。差別などに対して復権がかかっています。



 

暴走を正当化する説明抜きがかん口令になった。

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 9月28日(土)03時06分48秒
   岩手の盲ろう者友の会は詫びることも出来ない聾唖者をかばうのにその通りだとけしかけるしかしないことから始まった。
 そして親を馬鹿だと妥協しろと言う。聾唖者は知らなかったと言えば正義になる。通訳団体は一体扱いで暴走も正義の内とされる。抗議しても何一つ取り上げない免罪符になっている。
 かといってこちらへそっちが悪いとは言って来ない。
 福祉は親を馬鹿だと妥協したらと言う。拒否したらかん口令が敷かれた。
 妻が入院して追いつめられて妥協したら受信拒否された。社協も。
 復権しないと何一つ支援は受けられない。7年かも福祉容認かで差別が来ている。通訳は7年受けていない。
 福祉がやっと公平になって暴走通訳友の会事務局長に謝罪ととり消しを求めたが逃げ回ること間もなく10ヶ月目になる。
 盲ろうの全国大会で釈明を求めようとしたら岩手は参加取り消した。暴走のまま逃げるしかしない。
 友の会事務局長は掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。宗教を押しつけて改心させようとまでされた。その奥さんは大本家に脅迫電話を寄越した手。一人残らず口封じ、他の団体に行くことも悪口で妨害して口封じする。暴走のやりたい放題。福祉は見なかったことにし志手岩手の看板を拭くことしかしない。
 親を馬鹿とは正当化されたままま。妻が亡くなって県中知られているのに1ヶ月してもお悔やみ一つ来ない。口封じのまま。
 通訳に免罪符という説明不能な特権が行くことが暴走しかでない。この特権は全国協会もヘレンケラー協会も容認しているらしくどこからも見解が来ない。しかし見解抜きで暴走が正義だという話は納得しない。謝罪がいやなら見解を口にしたらどうか。
 見解無しで合法的という理屈を説明して貰いたい。いくら岩手の看板だからと言って理屈抜きの暴走が正義になるのか。通訳は 通訳は7年も受けられない差別が続いている。
 妻のためにもと復権を求めたのに福祉さえほっかむりだけ。免罪符は暴走しか出ない。福祉の容認で差別が当たり前に来る。妻が亡くなっても福祉が受信拒否しかして居ない。掲示板に書くしかなくなる。岩手は一人残らず口封じで騒ぐなとされている。
  全国協会は盲ろうの実態調査さえ隠したいのか10ヶ月になるのに差別するのか届かない。謝罪か釈明としての見解かどっちが来ない限り後へ引けない。
 やっと49日を迎えた。暴走しても理屈抜き正義だという説明か、謝罪か復権がかかっているのだから何年経っても諦めない。説明抜きは誰でも納得しない。暴走目こぼしを続ける必要があるのか。説明不能の免罪符はまさに両刃の剣ではないか。



 

 暴走は正義の内か

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 9月15日(日)10時37分16秒
   ボランティアは真面目なことしかしないと頭から信じる人は通訳の暴走の批判はやっかみにしか聞こえないのか。
 聾唖者をかばうのにそうだその通りだとしか言えないのか。
 お前の親父は馬鹿なのだ妥協しろといい正義にした。福祉は妥協したらとしか言わず拒否したかん口令を敷かれた。かん口令は地元の社協にも来ている。
 通訳団体は暴走しても許される免罪符というのを現実に受けている。 いくら抗議しても一言も触れない。暴走目こぼしの免罪符は説明不能のまま合法的なのか全国協会さえ知らん顔のまま全国の友の会にあいつの相手するなと号令掛けている。障害者は支援するという団体が差別を勧めている。
 盲ろうの実態調査の報告は望めば貰えるのにいくら催促しても9ヶ月も届かない。
 福祉がやっと公平になって暴走通訳岩手県盲ろう者友の会事務局長に謝罪と取り消し求めたら逃げ回ること9ヶ月。
 妻が入院して追いつめられて妥協したら福祉は受信拒否した。社協も入院を知ると受信拒否した。そして妻はお盆直前に亡くなった。
 県議会議員にも社協にも知られている。掲示板にも書いていて県中知っているはず。聾唖協会も通訳も友の会も知っているはずがどこからもお悔やみ一つ来ない。一人残らず相手にするなと口封じのまま。
 見解一つ無しに合法的で正義だというのか。団体への特権としても免罪符は暴走しか出ない。
 東京から来た法務省の相談員の謝罪せずに済む白紙化提案を蹴られた。おまけに差別は当然だと言う。訴えは反論も意見も見解も無く来たのは妨害だけ。団体の暴走で通訳は7年受けていない。それも福祉の容認で差別しか来ない。免罪符を盾に暴走している。
 妻のためにもと復権を求めたが差別しか来ないまま亡くなり更に知らん顔なのか。いくら免罪符があると言っても暴走は暴走ではないか。 掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしているのが岩手の誇るボランティアなのか。恥さらしではないか。福祉さえも相談員の密告もなかったことにする。風化を待って揉みつぶししかい。
  知らなかったと言えば正義になる権利を通訳にもやる必要あるのか。
 盲ろうの全国大会で岩手に釈明を求めようとしていたら参加取り消してまた逃げた。謝罪するより逃げ回る岩手の友の会事務局長とその奥さんは家の大本家に脅迫電話を寄越している。福祉は免罪符を盾に正当化するのか見解一つ来ていない。
 福祉も全国協会もヘン・ケラー協会も共通して免罪符を肯定して何一つ答えなく暴走を正当視している。謝罪の意志もなければ釈明としてどうして正義なのか見解を求めます。説明不能がかん口令になっている。それではこちらが一方的馬鹿にされたことになる。暴走でも正義だと。

 

罪と罰

 投稿者:岩手の聾唖者  投稿日:2013年 9月 3日(火)08時21分37秒
   福祉が公平になり暴走通訳に謝罪求めたら逃げ回り9ヶ月目。 盲ろうの全国大会でこちらの親を馬鹿だと言うことに対して岩手に釈明を求めたら参加を取り消しまた逃げた。全国の袋叩きを恐れたのか。
 通訳団体は県の誇り、看板として暴走も目こぼししかしない。 実際に免罪符として許されていることと全国協会も知っていて知らん顔している理由。それではこっちが悪いのかというと説明不能の特権で一般の人には不可解にしか映らない。どっちが悪いとは一言も聞かれずかん口令で口封じされている。
 聾唖者には法律が通らないのは知っているが通訳団体も一体の扱いで法律的免罪符が行っているらしく説明不能だと言うことになる。
 親を馬鹿だと妥協しろと福祉まで言いながら妥協したら受信拒否。社協にしても妻が入院したら受信拒否した。
 福祉の態度は風化を待って揉み潰してもかばうことだと判る。 いくら看板だと言っても暴走は暴走ではないか。掲示板の中に入ってお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いするのを岩手の誇るボランティアと言えるのか。恥さらしではないか。
 全国大会では間違いなく全国の袋叩きになっていたろう。
 一人残らずの口封じで妻が亡くなったことは社協にも福祉にも県議会にも知られているのにお悔やみ一つ来ない相手にするなと言う声で囲まれている。
 これでは諦めて余所の団体に行こうにも悪口妨害しか来ない。
 暴走を正義にすり替えてもかばう必要はあるのか。
  親父の葬式には今の会長と県の3役からお悔やみが来ていた。
 ネズミ小僧も所詮は泥棒として最後は捕まっている。いつか天罰が行くことを祈るだけになる。
 しっこく復権を求めているのは友の会を辞めた後は通訳さえ差別して7年も関われないのだ。妻のためにもと急いだが亡くなってしまった。来るのは圧力だけ。福祉はそれさえ容認しているのか。
 暴走する通訳は法務省の相談員の白紙化提案も蹴る暴走振り。おまけに差別は当然だという。
 聾唖者をかばうのにそうだその通りだとあおるしかしないために出た話ではないか。
 聾唖者は知らなかったと言えば正義になる権利を持っていて責められないのに何故同情しろと言うのか。通訳の存在を聾唖協会にアピールしているだけになる。そして免罪符は暴走しか出ない。


 

世界中の国旗に意地悪した日本

 投稿者:ねこ  投稿日:2013年 8月25日(日)12時49分59秒
  世界中の国旗に意地悪した日本

http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/02/p004.html#page45

世界の支配者だから当たり前と言いたいのだろう。

( http://park.geocities.jp/j_con4/0104/p041.html )
 

レンタル掲示板
/11