teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


追伸

 投稿者:L  投稿日:2017年 9月25日(月)19時58分2秒
   もちろん、北朝鮮には「すずさん」はいます。姜尚中先生の言うところの大日本帝国の3つの破片の一つで地下茎で結びついているのですから。

 【社畜】北朝鮮のプロパガンダ映画の内容にノルウェー人大ウケ!しかし日本人が観ると笑えないストーリーだったhttps://togetter.com/li/1035026
>将軍様とか全然出てこなくて、家庭をかえりみず連日深夜まで働く父親とそれを献身的に支える妻の映画だった。
>「いつまでも博士号を取れないお前の父親は国家のお荷物」と学校で娘がバカにされるシーンと、父と同じ専攻への進学を勧められた娘が「何年努力しても博士号を取れず、将軍様と撮った写真の一枚もない父のような負け犬にはなりたくない」と言うシーンには胸が締め付けられた。

会議に呼び出され深夜まで帰れない父、一人で家を守り体を壊す妻。北朝鮮やべーよw人権ないわwwと観客は笑っていたが、(これは本当にプロパガンダ映画なのか…?そう珍しくない話…かも?)とちょっと思ってしまった
>この社畜父さんは実は製造管理システム作りに取り組んでいて、完成した時には「これで皆が長時間労働から解放される!余暇も楽しめる!」と仲間と泣いて喜ぶので、長時間労働そのものは肯定していない
>一方、独裁政府のプロパガンダでもないのに「残業100時間程度で死ぬのは情けない」「俺は200時間はいける」「まともな給料が出ていればブラックではない」「多少のハラスメントくらい耐えろ」みたいな言葉が次々出てくる日本人民は本当に怖い・・・。

> Hi!@おしゃべり玉子様 @hieveryone0 2016-10-10 03:01:19
まるっきり日本じゃないか、これ。
>ユーリィ・イズムィコ @CCCP1917 2016-10-09 21:06:27
完全に日本だった

 将軍様も含めて日本と鏡面対称、日本と朝鮮はパラレルワールドみたいなもののようです。自民の右翼議員は北朝鮮に行くとうっとりし、みんなマジで北朝鮮が大好きで憧れてると雨宮処凛さんが書いてましたね。
 
 

(無題)

 投稿者:L  投稿日:2017年 9月25日(月)19時37分26秒
   今月も時宜を得た面白い記事ですね。現在の選挙法制度は治安維持法と抱き合わせ・裏腹の普選法以来の流れを汲んでいてその根性は変わらないと言います。つまり、「閨閥」に都合が悪い人々が当選しづらいように意地悪に作ってあると。で、この記事でその一端が伝わってきました。今日の選挙法制度も字面からはわかりにくく警察の裁量が大きくて与党でない候補者にとっては何がOKかNGか、昨日と同じようにOKなのかははっきりせず地雷原みたいだそうで。おまけに大分のように警察が期待を込めて野党の選挙事務所に隠しカメラを仕掛けてアンブッシュ。それで署長から長官、公安委員長まで実刑どころか免職にもならないし再発防止の法改正もないのだから恐ろしい。

 提督閣下が念頭に置いてらっしゃるように普選を得るのにも女性参政権を得るのにも大変な努力とお金そして死屍累々の血が必要でした。世間では何となく国民主権は敗戦で貰ったもの、拾ったもののように思われていますが、戦前からの膨大な前史があるのにすっかり忘れ去られています。「ならば、この反動の時代に手放しもう一度自らの血で贖うがいい」というのが我々への先人たちの血涙の思いかもしれません。
 世間様の動き、流れを見ていると多少の波はあっても反動の大潮はまだまだ満ちつつあるように思います。
 昔、佐藤大輔が第2次大戦で帝国を勝利させるための偽史を拵えていました。”幕末まで遡ってもう一つの歴史を作ってみたら、帝国と米国の立場が引っ繰り返った「鏡の国の戦争」になってしまった”と書いていました。歴史修正主義者の岸の孫が朝鮮他を相手にやっていることは、この「鏡の国の戦争」という偽史をリアルで実践しているようなものです。
 もちろん、この対立自体は米国も含めて「プロレス」ですが、岸の孫らによって国内で起きること・引き起こされることはリアルそのものです。「1984」の独裁と全体主義支配の裏付けは、実態の疑わしい戦争でした。「1984」の「鏡の国の戦争」とはなんとグロテスクなのでしょう。
 昔、高橋和巳の小説の主人公は意識下の破滅衝動のために”膝までの浅瀬で溺れ死ぬ。さすがに強引過ぎてリアルじゃない”と揶揄されたそうですが、今やそうとは気付かないまま良い選択として朝野を問わず、”膝までの浅瀬で溺れ死”のうとしているようにしか見えません。
 海外の気の利いた皆様方にあっては、明治以降、現在に至るまで自滅回路、サーキットを抜け出そうともせずハツカネズミのようにぐるぐると回っているようにしか見えず、「ああ、日本人らしいなあ」と見ているのでしょうね。GHQの憲法草案チームは、(赤旗の波とインターナショナルをバックに?)”この民主化も40年もしたら日本人は元に戻るだろうさ”と見ていたそうですが、あれから60年、70年経って彼らの見立て通りのようです。まあ、ハンガリーなど東欧でも似たようなことが起きていると言いますから、日本が極めて特異な例ではないようですが自慢にも慰めにもなりません。
 「知恵多ければ憤激多し。知識を増すものは憂いを増す」と言います。手塚の「火の鳥」ではナメクジ人が生きるために足掻きながら”なまじ知恵など付けなければもっと楽に死ねたろう。進化などせず下等生物のままでいられたらよかったのに”と嘆きながら干からびて死んでいきます。手塚は偉大ですわ。
 
 

物心ついた頃はファントムの時代でしたから

 投稿者:印度総督  投稿日:2017年 8月30日(水)20時08分1秒
  > Lさま
 スカイレイはミサイル積んでも地味に見えていけません。名前が「スカイレイダー」みたいなのもアレですし(笑)。
 センチュリー以前の米軍機は、KKワールドフォトプレスのムックで名前とカタチを覚えたクチなので、フジミのカットラスは大喜びして(それから大分後に)買いました。部品を切り離しくらいはしたと思います…。

 しかし『プラモガイド』がウェヴで読める世の中になっておったとは! 先日の古書市で何冊が買ってしまっていたのに(涙
 

スカイレイ、中々良いですよ

 投稿者:L  投稿日:2017年 8月29日(火)02時26分9秒
   こんばんは。資料用でも、飛燕の1型も2型もお持ちとはマニアですねえ。このところ、飛燕ブームでチェコのRSモデルから1,2型を48と72、青島が再起動して72で1,2型と5式戦を発売、MAが1年の内に2回特集してしまうという事件がありました。面白い事に国産プラモ創世期には実機が遺っていたせいか、飛燕と言えばろくに実績のない2型ばかりだったようです。私も中学生の時に絶版集めで買ってしまった50分の1の田宮の2型が肥やしになっています。http://www.webmodelers.com/201708plamoguide1964n2.html http://www.webmodelers.com/201510plamoguide.html
 田宮のスカイレイは48版があり、72版はそのスケールダウンで、田宮らしいカッチリとした精緻で濃密なディテールが濃縮されて初版900円でした。デカールも派手だし凄くカッコよく仕上がります、完成していないけど。気づいた点は、(1)風防周りがカッチリし過ぎて胴体と風防、キャノピーと内部部品と胴体が塗装をすると合わなくなる(2)説明書をよく見て仮組を良くしてから脚庫を接着すること。フールプルーフが足りず、向きを間違いやすいくらいですかね。脚にブレーキパイプや着艦角度表示灯?(3色のライトが並んでいてこれの見え方で着艦指揮官が指示を出す)を付けると鯔背かな。翼端灯の透明化と照準器のレンズは仕込みました。別売りデカールも2枚あるし、コクピットとレーダーのレジンパーツもあるので複数作りたいという妄想はあります。これが出る前はエアフィックス72にF-14の余りノズル他を奢ってディテールアップ、スジボリを入れ直すなど大変だった模様。
 スカイレイは世傑にも取り上げられるほどの機体で、実機は上昇力などを買われ海軍機には珍しくNORADの防空部隊に組み込まれていました。http://2.bp.blogspot.com/_GbPcI30qhvQ/TJZOg4_iGRI/AAAAAAAABVc/wYuZvwNnjV0/s1600/F4D-1+VF(AW)-3+Nankivil.jpg
 名門ダグラスの設計でエンジンが超傑作のJ57であることが効いています。http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php?J57
 まあ、戦間期の米海軍機の常で、クーガー、カットラス、フューリー、タイガー、デモン同様、好事家にしか知られていないのですけど、試行錯誤っぷりがいいですね。いずれもキットを持っていますが、安易に取り組めそうなフジミのカットラス(なぜか世傑にあるがエンジンと設計に難があり!2年くらいで退役したようで塗装は地味で少ない)くらいは組みたいもんです。
 

返信が前後して恐縮です

 投稿者:印度総督  投稿日:2017年 8月28日(月)21時56分10秒
  > Lさま
 ランプに照準器のガラス、ですか…。夢の又夢ですね(汗)…。

 過去数回、換金原稿の話が来た時、景気づけに記事の対象となる飛行機のキットを買って組み立てるとこまではやりましたが、「立体図面」と称し、サフさっと塗り、脚なんて飾りなので付けませんよ状態でした(原稿書く時間が無くなりますので)。
 一番最近やった丸別冊『飛燕』記事の時は、とうとう買って終わり―それでも1型と2型は買ったのですよ―の体たらくとなりました。ああ情けなや(笑)。

 1/72スカイレイ、そんなに良いキットなのですか(実機に親しみがないのです)?
 

恒常的に爆撃されれば負け戦です

 投稿者:印度総督  投稿日:2017年 8月28日(月)21時44分50秒
  > 武藤様
 おっしゃる通りです。
 昭和19年後半から20年前半の帝国日本は今の目から見れば「無駄な抵抗」を続けていたと云わざるを得ません。
 しかし、支那事変初期に中国機が九州にビラを撒き、台湾にも爆弾を尾としておりますが、「日本は負ける」と思った人は殆どいなかったでしょう(桐生悠々がどう思ったかは調べてないので解りません)。昭和17年4月の東京空襲も同様です(これはミッドウェイの負け戦の原因とはなりましたが)。

 帝国日本は、空襲のダメージにより降伏を余儀なくされましたが、今日のイラクやアフガンのようにゲリラ戦を続ける事も出来ました(食糧も無い中でそれをやれば民族滅亡も同然ではあります)。
 そうなると、大量のB29を投入して市街を焼き払う「空襲」よりも、中小の爆撃機・攻撃機で、ピン・ポイントをつぶした方が効率的になります。その頃の「日本軍」には戦車も重火器もなくなりますから、戦車と兵士がぢりぢりと民間人もろとも押しつぶして行くことでしょう。抵抗する日本人がいなくなってから記される「歴史書」には、米軍の戦車と火炎放射器の恐怖が、空襲のそれを覆い隠してしまうかもしれません(『屁理屈』を云ってる自覚はありますよ)。

 国家総力戦が出来る体勢を作り上げるべく、陸軍が国民啓蒙を進めていた時期に、身も蓋もない(一番突かれたくない)事を書かれては、軍部が激怒するのは当然です。反論の替わりに圧力をかけるのは建設的ではありませんが。
 

桐生悠々の「関東防空演習を嗤う」について

 投稿者:武藤恒男  投稿日:2017年 8月28日(月)13時17分47秒
  バランスの良いお話、感服いたしております。今日初めて「題名」の所を読ませていただきました。故山本夏彦さんが桐生悠々に触れられた文章をご存じでうれしく、投稿させて頂きました。
ただ少し異議がありますのは、制空権を奪われて爆撃された時、その外からの支援が無ければ、悠々が言うように殆ど負け戦でしょう。貴方が書かれたのはフセイン滅亡以前だったでしょうが、対独の英国は米国の支援が期待でき、重慶の蒋介石は英・米からの支援が期待できましたが、当時の我が国の場合、どこからの支援も期待できなかったのではありませんか。
 

楽しいことは楽しいですが、中学生の時ほどには熱中できないですねえ

 投稿者:L  投稿日:2017年 8月27日(日)13時50分34秒
   いや、お恥ずかしい。楽しいですけど根性があった中学生の時と違って面倒なことや失敗した時の耐性が相当衰えています。
 総督のマルヨンの胴体が曲がってたショック、身に沁みます。
 以前拝見したビンジケーターの記事、勉強になりました。小生も簡易インジェクションで、もしかすると3種持っています。長谷川とエッシーのマルヨンは10個くらいありそう。総督の言う通り、マスプロの模型化なので、失敗したら別の箱からギって来ればいいんですよね。
 21世紀初頭にして21世紀の最高傑作決定と謳われた田宮72F4Dスカイレイがお手付きなのですが、概ね塗装が終り風防を接着しようとしたら、仮組ではピッタリだったのに、から?嵌らず削り合わせていたら欠けてしまい、「このまま接着してパテで欠けを埋めてサンペ掛け、800,1000,1500,2000、コンパウンドで磨いて透明度回復までは耐えられるが、風防枠にマスキングして防眩塗装とガルグレイを塗るかと思うと暫く立ち直れない」で数年経っています。最近、中古屋でもう1箱買ってきたので(田宮に頼めばよいのですけどね)、そこからパーツをギって来ようとは思っています。もっとも、削り合わせは避けられないし、マスキングして黒とガルグレイを吹き付けなくてはなりません。MAを読み返したら、その点が指摘されておりガックリ。レジンパーツも持っていてそこには薄々のバキューム風防が付いているのでこれなら嵌ると使いたかったのですが、塩ビが黄ばんでいて断念。教科書的には、内側にポリパテを流し塩ビを剥がして型とし手絞りか自作バキュームフォーマー(丈夫な箱に蓋としてにパンチングプレートを被せ、掃除機を繋いで箱に負圧を掛ける。検索すると動画も含めて自作例多数)でと言うことなんですがこれも面倒に負け。塩ビで絞ること自体はそんなに難しくはないのですけど。
 今も並行製作しているのは、面倒で投げている間、失敗でしょげている間に他のキットの作業をすることにしたからで効率とか浮気ではないです。
 F-84はピトー管の自作は良いけど、取り付けるために穴をあけるのが難しそうで面倒という情けないもの。教科書的には、細いプラパイプにピトー管と同径の金属線を入れて伸ばしランナーの要領で引き延ばし、金属線を引き抜いたらそのパイプをパーツに埋め込んでパテ盛ヤスリ掛けでピトー管の受けにすると仕上がりが麗しいというもの。それほど難しくないだろうし、時間も1~2時間でしょうが億劫なのはパーツをすでに塗ってるから削り合わせたくない。これまた、幾つも持ってるので数個分量産すればいいんですけどね。
 ムスタングはアカデミー、ハセガワを並べて弄ってましたが、アカデミーはコクピットを削り合わさないと収まらないのですがせっかく組んで塗ったのにバキバキとニッパーで切り落としたりルーターで削るのはと作業に気が進まず、無関係な長谷川も道連れ。

 大学生まではどうでもいいところで異常にめんどくさいことをする変態で通していたのですが、今は見えないところは良いかな、でもピトー管や翼端灯などハッタリは聞かせたいと思っています。ランプや照準器のレンズなどの透明パーツは裏に銀を塗るかアルミ薄板プレスで反射板を設けると結構光って直径1,2㎜でも目立つのですよ。
 老眼も進んでいるので少しは作っておきたいものです。
 

1/72ジェット機ですか

 投稿者:印度総督  投稿日:2017年 8月27日(日)10時35分28秒
  > Lさま
 楽しそうですね。
 1/72ジェット機は、ハセガワF104の胴体をねじ曲げたのが最後です。色もぬらないガキンチョモデリングですから、どうって事はないんですが(汗)。

 模型雑誌の立ち読みすらやらなくなってしまってますよ…。
 

今月も素晴らしい

 投稿者:L  投稿日:2017年 8月26日(土)15時34分23秒
   今月も素晴らしい記事をありがとうございます。
 掃除機がこんなに便利なものだったとは!戦後の掃除機でも排気側にホースを繋ぎ変えて送風機に出来るものがあったので、ドライヤー替わりもありかもしれません。モーターで排気が暖められていますし。
 家庭への受容と言うことでは35円、今の7万円くらい?は買えないこともない価格でしょうが、買える家にはお手伝いさんがいたはずなのでドライヤーとしても使えますと言った一段上の価値を言い募らないと売れなかったのでしょう。どうせなら、アタッチメントを付けると扇風機にもミキサーにも撹拌機にもなりますと言えたらよかったのにねえ。
 絨毯掃除の歴史も面白いですね。私も絨毯用掃除機を使ったことがあります。絨毯は掃除機でも取れないゴミが付くので嫌ですね。こんなめんどくさい敷物の普及も謎。銀マットを発明した人は偉いです。
 プラモを作らないと掃除は楽とのことですが、小生の場合は「プラモ作らないから掃除をしない」に陥っていました。かくて、布団など布モノから大量に埃が出て部屋の隅が腐海となっています。
 で、今はプラモ熱が復活して塗装と組み立てが楽そうな72ジェット機をいくつか並行製作しています。F9F-2パンサー、F-9F-8クーガーはボチボチ塗装へ、F-20、X-29はピトー管などの自作が済めば塗装へ、ジャギュア湾岸仕様はまだまだ、X-1、YF-16CCVは始めれば早そう、F-16Cはレジンのインテークを擦り合わせたところだが、エッチングまともにを使うと大変か?Yak-15は、グレアシールドがないなど、キットがシンプル過ぎるので少し考えたい。A-7はレジンパーツが入るように擦り合わせたといったところ。もっとも、お手付きのF-84Gやスカイレイ、ムスタングなどは見ない振りですが。
 何年も寝てた時に、レジンパーツやエッチング、工具や素材などを買い集め、余剰パーツを箱に貯めて置いていたので、暫く振りに始めて見ると手は思うように動かないですがやり易いです。こんな部品があったらと思って探すとそれらしい形の余剰パーツが案外見つかりますね。
 とはいえ、素材が変わったのかやり方が違うのか、思った結果が出ないこともあります。パテやサーフェーサーは削り合わせた後に塗装すると引けるのですが、瞬間接着剤に混ぜて手早く盛ったものは塗料に溶けないしすぐ固まるし、割と柔らかくて鑢を削りやすく便利なのですけど、今の瞬着は混ぜるとすぐに固まってしまいます。もっと風邪を引かせれば違うのかもしれませんが。いわゆる部品は付かないのにってことは健在なんですけどね。こちらは硬化促進スプレーで解決できるのですが。パテ用の瞬着もあるのですが高価なんでこの手法を使いたいところ。瞬着を溶剤で薄めるとか、樹脂入りの普通の接着剤と混ぜるとか考えているところ。ちなみに塗料と混ぜたらすぐ硬化しやりがりました。塗装面ではなかなか固まらないくせに!!!
 

レンタル掲示板
/56