teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


話がとんでしまいましたが

 投稿者:印度総督  投稿日:2017年11月19日(日)07時26分59秒
  早川氏の講演も面白そうですね。
案内ページを見る限りでは事前申込不要に読めるので、ネタ作りにメドがつけば何とか行きたいものです。
 
 

ご紹介ありがとうございます

 投稿者:L  投稿日:2017年11月18日(土)22時57分4秒
   なかなかイケてる講演会ですね。とはいえ、2500円は大きい(笑)
 これが「岡部ださくなんか読んでじゃねえ!おまえはスクアやロックを知ったかしてる!!」と題して蛇の目大王が講演会を開くなら30分悩んで申し込むかも。
 ま、早川さんの講演も何回かあったのですが、いい値段なところばかりで、1回だけ値頃なところがあったのですが、知ったのは終わって2日後だったという(号泣)極めて渋い団体が主催で何回か行ったことがあるので悔しさが一入でした。最後に行ったときは遺骨収集事業が話題で、その発端が「敗戦後、日本の有名タレントがアメリカに旅行したのだが天候不良だかで南洋の空港に臨時着陸をしてしまった。そこは激戦地だったのだが、遺骨がゴロゴロと野晒になっており彼らは強いショックを受けて帰国後に遺骨収集事業の必要性を強く訴えたものだから仕方なしに政府は嫌々形ばかりの事業を始めたのだ。本邦の特権階級にとっては外地での戦死者なんぞ”はいはいオシマイオシマイ”な話でしかなかった」
だそうな。ヤスクニや”俺のために死ね”には強い関心がありますが、生きていてもまあアレなんで、水漬く屍・草生す屍になるとまあXX箱のXXほどの関心もないというね。で、「その後、嫌々事業を断続的に行ったが関心がないままであった。さありながら、ロビイングや状況がズレてきたので再開したが民間に投げたところ、ビジネス化して現地の方を買収し墓を暴かせて現地の方の骨を買い集める始末となった云々」。帝国の魂(下がれおれ、下郎ども!)は今も脈々と息づいております。
 実に早川さんが講演するのにふさわしい場でありました。
 月末も彼に相応しい場となるでしょう。
 

「必然にして義務」(笑)

 投稿者:印度総督  投稿日:2017年11月18日(土)15時39分27秒
  とはいえ、過去時々、宣伝とビミョーに関連するネタを紹介していたりしております(笑)。

「映画」とは直接関係ありませんが、それをこさえた人の講演が年明けにあります。すでに御存じかとは想いますが念のためご紹介をば。
http://www.gungakudo.com/study/pdf/komine.pdf
 

ここは映画の話題で

 投稿者:L  投稿日:2017年11月17日(金)23時53分15秒
   こんばんは。兵器生活の記事は豊富ですし、毎回奥行きと幅があり起承転結、序破急な展開で読者をして「おおっ」と驚かせ「う~む」と唸らせる題材を見出すのはどんどん難しくなってきてるでしょうねえ。
 とはいえ、タイミングというものもございましょう。ここはやはり、「映画」について触れるというのは必然にして最早義務だったりなんかしませんか?

 なお、小生のフロッグですが「膝までの浅瀬で溺れ」続けております。ホットスパー空挺グライダーはマスキングまで来たのですが、胴体の丸窓の1つにポンチで抜いたテープを貼り密着させるべく擦っていたら内側に脱落しやがりました。窓パーツにヒケがあったので凹んでいる方を外にすべく断面が凸型のこのパーツを裏返して外側から接着し金ヤスリで面を合わせたらサフを盛って隙間埋め~番手を上げながらサンペ掛けコンパウンド仕上げ、コーティングポリマー&モデリングワックスで透明度アップ&艶ピカにした窓が脱落して”がび~~~ん!”ま、大概のことはやり直せるのがプラモの良いところなので15分ショック&熟考後、ジャンクボックスから太めの透明ランナーを取り出して整形、金ヤスリで内側の面を出し番手を上げながらサンペ掛けコンパウンド仕上げ、コーティングポリマー&モデリングワックスで透明度アップ&艶ピカにして窓穴に突っ込んで溶剤系で接着、瞬着を盛って隙間埋めをしたところです。余分をカミソリ鋸で切り落として金ヤスリで面を出し番手を上げながらサンペ掛けコンパウンド仕上げ、コーティングポリマー&モデリングワックスで透明度アップ&艶ピカにしてマスキングする作業が待ってます。ヒケ対策で変わったことをしたのですが、実はパーツの両面が引けていたので効果は半分しかありませんでした。説明書通りに素直に窓を裏側から貼り付けて外側から瞬着を隙間に流しちょっと飛び出る窓を削って面を合わせていれば、こんな地獄はなかったのです。賢しらな小生への罰でありましょうか?まあ、ものすごく不快なだけで作業そのものは小1時間で出来るのですけどね。
 1歩前進2歩後退の連続、賽の河原の石積みであります。
 そんなわけで、暇人の小生と雖も、26日の締め切りまでに完成するかは極めて怪しい気がします。
 そうそう、26日に早川さんの講演があります。小生は拝みに行く予定。http://www.labornetjp.org/EventItem/1509694291238ylaur
11 月26 日(日)18 時15 分~

文京区民センター 2A室

日中戦争時のプロパガンダ(仮題)
~広告チラシや雑誌は戦争にどれだけ奉仕したか~
参加費;800円
講師;早川タダノリ
 

マスコミの影響力は侮れない

 投稿者:印度総督  投稿日:2017年11月16日(木)06時50分7秒
  (遅レスごめんなさい)
> モデルグラフィクス
 模型雑誌は「マス」とは未だに思えませんが(笑)、今コレが熱いのかッ! と、道を踏み外させる力はありますね。
 あるいは、表通りは恥ずかしくて歩けない、とウラ道に走るキッカケと申しますか(笑)…。

 …ネタが見つからぬのです。
 

意外と現役なのです。

 投稿者:L  投稿日:2017年11月 9日(木)22時27分2秒
   こんばんは。旧フロッグのキットに注目を集めさせたのは80年代半ばに創刊されたモデルグラフィックスでした。蛇の目大王だのフィンランドだのイソップだのと英国機他のマイナーなアイテムを毎月製作しては、頭の弱いモデラーの鼻息を荒くさせ、ああ、バラクーダが欲しい、スクアが欲しいなどとコレクターに変えて行ったのでした。かくて、ツクダがDo17Z、Do335、Ta152,He115他を自社名義で輸入販売したり、クーパラティバがソードフィッシュやブレニムMkⅠをエッチング付きで発売してお猪口の中の嵐は沸き立ちました。
 で、90年代以降、Ar234,Ta152H,Do335、ワイバーン、ウェセックスヘリ、ブレニム、ボーフォート、スクア、ロック、バラクーダなどが簡易・普通のインジェクションで発売されました。だがしかし、マニアの渇望が満たされるようになったのは21世紀10年代のエアフィックスの赤箱新金型シリーズの登場を待たなければならなかったのですよ!パンパパンパンパンパンッ!つまり、ソードフィッシュやブレニムのまともなキットを手に出来るようになったのはここ3年くらいの話なのです。シーベノムやシービクセンだって、ドラゴンから現代キットが出たのはここ数年です。
 というわけで、有名アイテムでも21世紀まで現役感だったのです。ましてフェアリーデルタ2をはじめとするマイナーアイテムおやで、ブリストル138A高高度飛行研究機なんて最近、別売りデカールが登場していてビックらポン!ですよ、旦那!http://www.rising.risingdecals.com/index.php/1-72-decal-sheets/154-72-045-1936-britain-highest

オーロラやマルサン?と並ぶ喪われたプラモメーカーのフロッグですが、現役時代は鈍臭かったけどピョン吉よろしく”どっこい生きている”のであります。
 

「フロッグ」はつかみ所が無いんです

 投稿者:印度総督  投稿日:2017年11月 5日(日)21時25分10秒
  > 「フロッグ」特集
 スゴイですね。ヒノエウマ生まれの身では、「フロッグ」はカギ括弧つけないとイケナイ存在になります。
 現役ではない・インダス文明の遺跡のような、みなで賞賛はするけれど、誰も本気でそう思ってはいない、ような…(笑)。
 記事が載るのを楽しみに待ちます♪
 

X-29の記事の掲載は12月号になってしまいました

 投稿者:L  投稿日:2017年11月 5日(日)19時20分34秒
   こんばんは。
 ウェブモデラーズの編集長様よりメールを賜り、掲載は来月回しにということに。「積みプラ」はストライクだったのか、結構記事が集まっていましたからねえ。
 12月号の特集「フロッグ」に向けてキットを漁り、と言っても「ハセガワ・フロッグ」はあれどオリジナルフロッグは持っていないのでNOVO版のブリストル138A高高度飛行研究機('64)とホットスパー空挺グライダー('63)を発掘、からかっているところです。作りやすさ、アイテムの面白さ、唯一性で選びました。今回は経過写真入りで記事を書いています。フロッグはご案内の通り、世界最初のプラモメーカーですが、元々はゴム動力の模型飛行機を作っていました。飛ばないプラモのシリーズはペンギンシリーズと名付けられ、'30年代半ばから開戦までに40種ほど!発売したとのことです。https://images.vectis.co.uk/353/2094_l.jpg他のメーカーは皆戦後、50年代のスタートですから大変な老舗であります。しかし、戦後出来た後発メーカーと違って70年代半ばの廃業までの間、プラモの精密さにさして進化がありませんでした。(末期過ぎて金型は出来たがフロッグからは発売できなかったYak-3 LS神風やハセガワのパンサーと見比べて欲しい https://www.picclickimg.com/d/w1600/pict/112228584985_/Red-Star-Rs103-1-72-Scale-Yakovlev-Yak-3.jpg)この辺りが生き残れずに廃業に繋がっているようです。ま、レベルなんかも「50年代がピーク」と揶揄されてたわけですけどね。フロッグ社は最後の悪あがきで70年代後半、コストの安いソ連でショットして西側で売る事業を始めこれが件のNOVOブランドでした。その後これもコケて、フロッグの金型は旧東側やレベル・マッチボックスなどを流転し様々なメーカーから発売されました。今でも他のメーカーから発売されていないアイテムを中心にイースタンエクスプレス社などから幾つもキットが発売されているようです。また、昨今のプラモの組み立て説明書は文字説明が少なく、替りにアイコンで説明していますがこれもフロッグが嚆矢だったようです。カエルは死して骨を遺したわけですな。
 めでたく、プラモが締め切りまでに完成して記事が載ると良いのですが。
 

タミヤ写真箱版なら、税込み定価でも1000円しませんぜ?

 投稿者:L  投稿日:2017年11月 2日(木)22時27分18秒
   こんばんは。記事にも書きましたが、30年前には手が出なかった超高級キットがタミヤのお蔭で1000円足らずで買えます。ただ内部再現を諦めても作りやすくはありません。特に、胴体と主尾翼の取り付けがイモ付けに毛が三本生えたような設計なのは残念ですね。
 パンケーキは新宿さくらやで買いました。こちらも精度と設計に難があるようで、組み難いようです。特にプロペラ、パンケーキはオスプレイのような言わばプロップローターだそうですが、に難があって”回転を諦めれば楽”というのがMAの作例記事でしたね。
 詳細はこのブログでよくわかります。https://blogs.yahoo.co.jp/stabatmater_9/folder/1717757.html
 で、このブログのKPさんは私よりも一回り若そうな方で、恐らく重電メーカー辺りの勤務で発電所などのメンテをなさっていたご様子。でも先年、お亡くなりになってしまいました。で、その少し前は鬱で療休なさっていたんですよ(異動・転勤が堪えたご様子)。職場復帰して2年くらいですかねえ、訃報が漂ってきたのは。まったく、恐ろしくて悲しい事です。ハマちゃんのような方なら今日もブログを更新していたでしょうに。

 提督も激務のご様子、どうかどうかご自愛くださいませ。
 

「ホビースポットU」!

 投稿者:印度総督  投稿日:2017年11月 1日(水)22時09分36秒
   懐かしすぎて涙が止まりません…。
 フライング・パンケーキともども買うか買わぬか悩みました(で、買ってないわけです)。
 

レンタル掲示板
/59