teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


よかったです!

 投稿者:金子祐子  投稿日:2012年 6月17日(日)22時45分6秒
  「カラーチップ」完成されたのですね!  おめでとうございます♪  私も二人の娘がそれぞれ入学、入園したので、少しゆとりができ、まずは体力作り&ストレス発散に気持ちがうずうずしてます。私もずいぶんとオバサンになりましたよ。でも、鍛えられて元気になりました。言いたいことは、言ってしまう性格になりました(笑)
海外旅行、オリンピック観戦に行かれるのですね。お元気なご様子、本当に嬉しいです。
 
 

元気です。「カラーチップ」も新刊書も出しました。

 投稿者:宗内 敦(書肆彩光)  投稿日:2012年 5月 5日(土)09時21分33秒
編集済
   書肆彩光の仕事に埋没、久しぶりにここを開いたらお便りが。
 三月下旬、一年近く苦闘したカラー・ピラミッド・テスト用材の「カラーチップ」を完成。今月1日付けで『教師の権威と指導力』を発行。これで書肆彩光からは『カラー・ピラミッド・テスト入門』『二言、三言、世迷い言』『歌は心の帰り船』に続いて4冊目の刊行となりました。どれも100部限定の原価甚大・定価安価の贅沢出版で、滅多には売れなくても、少しずつでも世間に旅立ってもらえればと、心楽しく待つのみです。公立学校共済には「共済だより」というのがあり、先日、そこの「自費出版コーナー」に『二言、三言、世迷い言』を投稿したところ、次々に五人もの方(元教員)が講読してくれました。本当に読みたい人に求められてこそ、本の幸せ、著者の幸せ。とりわけ私にとっては、老病の苦を癒す最良の薬です。ありがたいことに、『カラー・ピラミッド・テスト入門』はアマゾンにあと数部残すのみとなり、来月には第二刷を刷ることになりそうです。
 盛夏には、ロンドン・パリ旅行を楽しみ、イギリスでは、オリンピック観戦もして、愛でてやまない、なでしこジャパンと女子柔道を応援してくる予定です。もちろん、勝負を超えて死力をつくすその真摯な戦いから、力を与えてもらうことも願ってです。
 加齢もよいところまで来ると、自己管理が本当に難しくなります。昨今では、諸々のしがらみやこだわりを捨ててこそ生きる道が開けるかなぁ、などと、考えたりもしています。
 

お元気ですか?

 投稿者:金子祐子  投稿日:2012年 4月25日(水)01時41分51秒
   メールにしようか、掲示板に書かせていただこうか、迷いましたが、掲示板の賑わいに
参加させていただこうと、こちらに書かせていただいています。
 年末より、ご無沙汰しているような気がします。先生はお元気だろうかと、いつも気にとめております。
 こちらは、たいして社会に役立つ立場にはいませんが、いろいろと新しい環境に立ち向かいつつ、がんばっています。
 いつかお会いできる日を夢見つつ・・・。どうぞ、お元気でお過ごしください♪
 
 

今年もよろしく。

 投稿者:宗内 敦(琅・管理人)  投稿日:2012年 1月 9日(月)08時33分42秒
    明けましておめでとうございます。いろいろ整理することが難しくなって、毎年大晦日前後に書いていた賀状を、昨年師走月の20日の日に投函するという離れ業を演じました。万一、賀状が届かなかった向きに対してはお詫び申し上げるとともに、この掲示板に賀状を掲載し、ご挨拶とさせて頂きます。なお、『琅』につきましては、印刷物としてはお休みしますが、ネット上では継続する予定です。これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


               謹 賀 新 年

 皆様、お元気ですか。よいお年をお迎えですか。お伺い申し上げます。
 当方といえば、加齢と病とで、夜の巷をさまよう楽しみも叶わなくなり、『書肆彩光』なる極小出版社を興し、生き様と楽しみを、そこから自著を世に残すという贅沢に変え、苦しくも楽しい、激動の人生終盤戦に入りました。
 5月、ライフワークたる「カラー・ピラミッド・テスト」を世に残しかつ拡げるために、妻と共著で、『カラー・ピラミッド・テスト入門』を刊行しました。また、11・12月に、『二言、三言、世迷い言』『歌は心の帰り船』のエッセイ集(彩光文庫)も出しました。いずれも100部限定出版ですが、アマゾンを介したネット販売ではそこそこに読者が生まれ、丸善など大手書店からの注文も入ったりして、完売後の電子書籍化を夢見させてくれています。今年は、テスト器材の「カラーチップ」の作成と『カラー・ピラミッド・テスト入門』の英訳に全力を注ぎ、それが順調に進んだら、絶版になった自著の文庫本化と『学校ケースワーク』という新しい視点の生徒指導書を書き下ろしたいと思っています。残念ながら、『琅』は昨年10月発行の24号をもってしばらくお休みです。
  特別に生き急いでいるわけではありません。庭の果樹もますます多種多様(蜜柑11種、柿5種、梨6種…)、豊穣に実るようになり、剪定にかける時間はまさにゆとりの極みの贅沢です。あと数年、雨にも負けず風にも負けず、残余の人生を楽しみ行こうと思っています。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。皆様のご多幸を祈りおります。
 

お知らせ

 投稿者:宗内 敦  投稿日:2011年11月 4日(金)08時27分35秒
編集済
  お詫び

*『琅』24号発行の少し前、約3ヶ月ほど前から、使用中のパソコン(WINDOWS・XP)が異様に動作不安定かつ緩慢(立ち上がりのの5分以上経過など)になったため、新しいパソコン(WINDOWS・VISTA)に交換したところ、最近になって、交換前後、ほぼ2ヶ月間ほどのメールが全く届いていないという現象に気づきました。メールソフトがoutlook expressからoffice outlook に変わったことが原因で生じたことだと思われます。私が届いたメールに返信しないなどということは、まずはないと思っておりますので、もし、メールが届いていないのではないかという疑念のある方は、ご連絡ください。
* 当時、『琅』24号の編集に追われ、体調まで落ち込んでいました。万一、見落としていたなどということがないとも限りませんので、もしやと思われる方は、ぜひ、ご一報ください。
 

ありがとうございました。

 投稿者:金子メール  投稿日:2011年 9月16日(金)14時34分13秒
  大変失礼いたしました。8/26付の掲示内容、小沢先生へのご連絡かと思い込み、読み飛ばしておりました。
先生から頂いたメールを拝読し、これまでの月日を振り返って万感こみあげる思いがいたしました。
印刷物としての最終号、あと頂ける1部を大切に保存したいと思います。
 

稲瀬様

 投稿者:宗内 敦(『琅』編集人)  投稿日:2011年 9月16日(金)12時52分29秒
  同人費そのほかの件に関しては、先刻、皆様へメール発信いたしました。
明日は日中渋谷へ、留守しています。明後日は一応家にいますが、わざわざお出で頂かなくても、残部、お送りします。
ただし、8/26付けの、印刷部数に対するお返事がどなたからもありませんでしたので、この度は、皆様すべてに対して、2部用意しただけで、従って、今のところ残部は1部です。明後日、メール便でお送りします。
 

ただ ただ感謝です

 投稿者:稲瀬 拝  投稿日:2011年 9月16日(金)01時14分15秒
  ここまで琅を育て、われわれに自由な執筆の世界を与え続けて下さっている宗内先生には、ただただ感謝あるのみです。まだ発送等の仕事が残っておりましたら、掲載料のお支払いもあるので、ご迷惑でなければ残部の受け取りに伺いたく存じます。明日、明後日は大学まで行きますので、ご都合を本掲示板にて教えていただければ幸いです。  

がっくりです。

 投稿者:宗内 敦(『琅』編集人)  投稿日:2011年 9月15日(木)07時35分24秒
  泣くに泣けない結果です。ほぼ2ヶ月、愚痴をこぼせば、自分の原稿執筆も放り出さざるを得ないほど私を苦しめてきた『琅』の校正。編集とはこんなものでしょうけれど、前号は、江川先生の最終原稿入稿の折に知らずのうちに原稿が大幅に崩れ、刷り上がってから分かって刷り直し。その反省を踏まえての今回の慎重な作業でしたが……。編集者失格ですね。不一。  

申し訳ございませんでした

 投稿者:稲瀬 拝  投稿日:2011年 9月13日(火)00時58分39秒
  琅24号、表紙がビニールカバーの装丁となり、格が一段高くなった気がいたしました。
拙文の掲載に辺り、3回にわたる大幅な修正を受け入れていただき、大変ありがたく思っております。そうした格別のご配慮を頂きながら、お詫びせねばならぬこととなりました。
最終にお送りした原稿にミスがあったと思われます。誠に申し訳ございません。
愚作の最終行ですが、文字が抜けておりました。

Licensed
 は
Licensed Inspector of E-Safety Agency No.12』
 となるべきところでした。
小生の不注意で、送付原稿の末尾が抜けたものだと思います。
折角頂いた機会に対して、本当に失礼いたしました。

次号からは先生の助手として働かせていただきますので、何卒ご容赦の程、お願い申し上げます。

 

レンタル掲示板
/19