teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ありがとうございました

 投稿者:佐野智子  投稿日:2015年 9月22日(火)19時53分34秒
  宗内先生 先日は、ご丁寧にありがとうございました。ファックス拝見いたしました。現職は小学校教諭です。ネットで29号の原稿拝見いたしました。私の手紙の文で、もし間に合うようでしたら、「ほんの心ばかりの~幸せに存じます。」をカットして頂けましたら有難いです。また、私への過分なるお言葉嬉しく読ませて頂きました。統計に全く不慣れな私が「もう少しわかりやすかったら・・」と無遠慮に申し上げましたことに改良までしていただき、恩人とまで言ってくださること、お恥ずかしくまた有難く存じます。29号完成に邁進されていらっしゃることと思いますが、季節の変わり目、どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。佐野智子  
 

松村茂治同人へ

 投稿者:宗内 敦  投稿日:2015年 8月29日(土)19時44分8秒
  松村先生、ご連絡ありがとうございました。早速「琅」29号目次欄にその旨、掲載いたしました。  

私の文学館散歩(2)

 投稿者:松村茂治  投稿日:2015年 8月29日(土)16時10分49秒
  「谷崎潤一郎記念館と倚松庵」に続く、このシリーズ第二弾は、「馬込・三島邸 山中湖・三島由紀夫文学館」。作品関連の施設や三島に関連する書籍を元にした、文学館紀行。400字詰め原稿用紙で約50枚。  

『琅』29号

 投稿者:宗内 敦  投稿日:2015年 8月11日(火)12時09分42秒
編集済
  暑い毎日、皆様、お元気ですか。『琅』29号原稿締め切りまで、あと2ヶ月足らず。締切日厳守で、よろしくお願い致します。

締切日 9月末日
要領  書式設定なしの原稿。なるべく、一太郎原稿で。ワード原稿の場合は、必ず、テキスト文で作成して下さい。

追: 執筆原稿の、分野・題名・おおよそのページ数を、至急ご連絡下さい。
 

『琅29』,原稿

 投稿者:編集人(宗内)  投稿日:2015年 7月20日(月)11時19分42秒
  皆様、梅雨も明けて、いよいよ猛暑来るの候です。お元気ですか。
今日、琅29号原稿第1号が届きました。
 上野一彦:『たかが川柳、されど川柳(5)』
まだ、2ヶ月あまりの時間がありますが、お知らせします。皆様、猛暑乗り切る起爆剤にして下さい。

 

28号、ありがとうございます。

 投稿者:金子祐子  投稿日:2015年 5月 2日(土)23時48分42秒
  こんばんは。月日の経つのは早いものです。
「二言、三言、世迷い言」の川崎の事件、何故?という疑問が消えません。
でも、小学生の子どもを持ってみると、先生方の多忙さ、ストレスの多い環境に、こちらが心配になる程です。
保護者の目は大変厳しく、教師に容赦ありません。家庭ですべき教育は棚に上げて、教師の資質はもちろんのこと、プライベートまで詮索する有り様です。
先生方の保護者に対する気の遣いようといったら、可哀想になるくらいです。
「先生」に対する親の敬意は、今の時代、微塵もありません。在るのは、批判、出来て当たり前、だけです。
教師の資質あってこそ、ですが、教師のみでは現場は成り立ちません。まずは保護者がちきんと家庭での教育をすべきではないでしょうか?
ぜひとも、教師、保護者、地域の連携あってこその教育、という視点からの問題提起を、先生の鋭い斬り方で、世の中に問うていただきたいものです。
生意気言って、すみません(>_<)

こちらは、27号に載せていただいた幸せそうな状態から転落して、苦悩しておりますが、私も頑張ります。

ますますの筆力、楽しみにしております。
 

『琅』28号

 投稿者:管理人・宗内  投稿日:2015年 4月13日(月)12時26分32秒
  皆様、お待たせしました。
『琅』28号が本月24日にできあがります。
 よって、25日以降に打ち上げを行いたいと思います。当日『琅』をお渡し致したいので、できるだけご参加下さい。
 日時は追ってご連絡しますが、どうしても都合が悪いという日を予めご連絡下さい。
 

『琅』28号 原稿締め切りまであと10日

 投稿者:琅・編集人 宗内  投稿日:2015年 3月19日(木)09時06分24秒
編集済
  「琅」同人の皆様、28号原稿締め切りまで、あと10日です。締切日厳守で、お願い致します。

  締切日 3月末日
  要領  書式設定なしの原稿。なるべく、一太郎原稿で。ワード原稿の場合は、必ず、テキスト文で作ること。テキスト文でない場合、読み込むのに、大変苦労し、また読み込めないこともあります。
 よろしくご協力下さい。

 

私の文学館散歩 谷崎潤一郎記念館と倚松庵

 投稿者:松村茂治  投稿日:2015年 3月 7日(土)10時07分28秒
  谷崎潤一郎記念館とかつての住まい倚松庵を訪問したことを題材にしたエッセー。
ワープロA4用紙で13枚(400字詰原稿用紙で50枚程度)です。
 

「琅」28号

 投稿者:琅・編集人 宗内  投稿日:2015年 2月26日(木)18時50分47秒
編集済
  「琅」同人の皆様、28号原稿締め切りまで、あと1ヶ月。締切日厳守で、よろしくお願い致します。

  締切日 3月末日
  要領  書式設定なしの原稿。なるべく、一太郎原稿で。ワード原稿の場合は、必ず、テキスト文で作ること。

  追: 執筆予定原稿の、分野・題名・おおよそのページ数をご連絡下さい。
 

レンタル掲示板
/19