teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


29号拝受いたしました

 投稿者:赤松 理  投稿日:2015年11月 8日(日)23時33分47秒
  ありがとうございます
長い間の編集のお仕事、お疲れ様でした
私ごときにも、身に余る紹介文を頂戴し恐悦至極です
先生のブログ2015.08.15の書き込みも拝見しました
「隣国を侵して残酷な加害者となり、また、原子爆弾の被爆というこれ以上にない過酷な被害者となった日本民族。それ故にこそ、平和を訴え、戦争に
反対する最高の資格を有する。このプライドを持って、とこしえに平和と反戦を訴えていくことが、われわれに与えられた地球的な使命だと言えないだろうか。」
共感します。
私事ですが、この夏、さるマイナーな読書感想文コンクールで「最優秀賞」を頂戴しました
「8時15分ヒロシマに生きぬいて許す心」という本に限定された感想文コンクールなのですが
お察しの通り、題名の8時15分は1945年8月6日の8時15分です。
その本の示すことと、私の思いは上記の引用と通じるものがあります。
下記URLにコンクール詳細や入賞作品が載っていますので是非ご覧ください
http://815book.org/?page_id=994
 
 

15年.10.21 『琅』29号発行

 投稿者:編集人  投稿日:2015年10月21日(水)06時14分17秒
  『琅』29号、予定通り、編集終了・刊行の運びになりました。近日中に諸処へ発送致します。
ご希望の方には、どなたにでもお送りします。ご遠慮なくご連絡下さい(無料贈呈)。但し,残部僅少につき、お早めにお申し込み下さい。

<同人諸氏へ>
 次号締切日:16年3月末日
 送付先:編集人(松村)
 原稿要領:デジタル原稿(詳細は、お問い合わせ下さい)
 

お心、煩わせました。

 投稿者:宗内 敦  投稿日:2015年 9月22日(火)20時45分36秒
  佐野智子様
30年ぶりにお声が聞けて、感激でした。
ご要望、了解致しました。早速、修正致します。29号の割り付け・編集は、来月3日に、松村先生と一緒に行います。順調に刊行できると思います。
本当に、いつの間にか、30年ですね。でも、「自在」ができあがったときの喜び、昨日のことのようです。ありがとうございました。
次代を担う子どもたち、よろしくお願い致します。 宗内 敦
 

ありがとうございました

 投稿者:佐野智子  投稿日:2015年 9月22日(火)19時53分34秒
  宗内先生 先日は、ご丁寧にありがとうございました。ファックス拝見いたしました。現職は小学校教諭です。ネットで29号の原稿拝見いたしました。私の手紙の文で、もし間に合うようでしたら、「ほんの心ばかりの~幸せに存じます。」をカットして頂けましたら有難いです。また、私への過分なるお言葉嬉しく読ませて頂きました。統計に全く不慣れな私が「もう少しわかりやすかったら・・」と無遠慮に申し上げましたことに改良までしていただき、恩人とまで言ってくださること、お恥ずかしくまた有難く存じます。29号完成に邁進されていらっしゃることと思いますが、季節の変わり目、どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。佐野智子  

松村茂治同人へ

 投稿者:宗内 敦  投稿日:2015年 8月29日(土)19時44分8秒
  松村先生、ご連絡ありがとうございました。早速「琅」29号目次欄にその旨、掲載いたしました。  

私の文学館散歩(2)

 投稿者:松村茂治  投稿日:2015年 8月29日(土)16時10分49秒
  「谷崎潤一郎記念館と倚松庵」に続く、このシリーズ第二弾は、「馬込・三島邸 山中湖・三島由紀夫文学館」。作品関連の施設や三島に関連する書籍を元にした、文学館紀行。400字詰め原稿用紙で約50枚。  

『琅』29号

 投稿者:宗内 敦  投稿日:2015年 8月11日(火)12時09分42秒
編集済
  暑い毎日、皆様、お元気ですか。『琅』29号原稿締め切りまで、あと2ヶ月足らず。締切日厳守で、よろしくお願い致します。

締切日 9月末日
要領  書式設定なしの原稿。なるべく、一太郎原稿で。ワード原稿の場合は、必ず、テキスト文で作成して下さい。

追: 執筆原稿の、分野・題名・おおよそのページ数を、至急ご連絡下さい。
 

『琅29』,原稿

 投稿者:編集人(宗内)  投稿日:2015年 7月20日(月)11時19分42秒
  皆様、梅雨も明けて、いよいよ猛暑来るの候です。お元気ですか。
今日、琅29号原稿第1号が届きました。
 上野一彦:『たかが川柳、されど川柳(5)』
まだ、2ヶ月あまりの時間がありますが、お知らせします。皆様、猛暑乗り切る起爆剤にして下さい。

 

28号、ありがとうございます。

 投稿者:金子祐子  投稿日:2015年 5月 2日(土)23時48分42秒
  こんばんは。月日の経つのは早いものです。
「二言、三言、世迷い言」の川崎の事件、何故?という疑問が消えません。
でも、小学生の子どもを持ってみると、先生方の多忙さ、ストレスの多い環境に、こちらが心配になる程です。
保護者の目は大変厳しく、教師に容赦ありません。家庭ですべき教育は棚に上げて、教師の資質はもちろんのこと、プライベートまで詮索する有り様です。
先生方の保護者に対する気の遣いようといったら、可哀想になるくらいです。
「先生」に対する親の敬意は、今の時代、微塵もありません。在るのは、批判、出来て当たり前、だけです。
教師の資質あってこそ、ですが、教師のみでは現場は成り立ちません。まずは保護者がちきんと家庭での教育をすべきではないでしょうか?
ぜひとも、教師、保護者、地域の連携あってこその教育、という視点からの問題提起を、先生の鋭い斬り方で、世の中に問うていただきたいものです。
生意気言って、すみません(>_<)

こちらは、27号に載せていただいた幸せそうな状態から転落して、苦悩しておりますが、私も頑張ります。

ますますの筆力、楽しみにしております。
 

『琅』28号

 投稿者:管理人・宗内  投稿日:2015年 4月13日(月)12時26分32秒
  皆様、お待たせしました。
『琅』28号が本月24日にできあがります。
 よって、25日以降に打ち上げを行いたいと思います。当日『琅』をお渡し致したいので、できるだけご参加下さい。
 日時は追ってご連絡しますが、どうしても都合が悪いという日を予めご連絡下さい。
 

レンタル掲示板
/19