teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/184 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

諸悪の根源との戦い―降りかかった火の粉を払いました。

 投稿者:宗内 敦(管理人)  投稿日:2017年 7月21日(金)10時01分33秒
  通報 編集済
   皆様、大変ご無沙汰致しました。この度、ようやくのこと、あの不埒きわまる新生銀行との戦い、当然のこととは言え、東京地方裁判所において完全「勝訴」致しました。ご報告致します。裁判事務の煩瑣を避けるため、裁判所の意向も取り入れ、「和解」という形は取りましたが、結果は同じ、訴状の内容そのまま、証券移管と訴訟費用の全額被告(新生銀行)負担を行わせました。ここにたどり着くまでの事情、すでに私のブログ欄を通じて、皆様周知のことと存じますが、いずれ詳しく、ブログ欄そのほかで、エッセイ、評論、小説などを通して、「社会評論」的に改めて世間に訴えたいと思います。世間はマスコミによる専横・独裁「自民党」の諸悪追及に拍手喝采しながら沸き立っていますが、世の中にとって諸悪の根源は、実は、此度の事件の推移が象徴するように、「泣く子と地頭」が振りまくところの、一見小さく見えるがしかし重大な社会悪の根源となる強烈な「火の粉」だと思います。ブログ欄をお読み下さり、拍手など入れて世の根源悪を憎み、私を支えて下さった方々には、心より厚く厚く御礼申し上げます。
 おかげさまで、2年間にわたる暗鬱、苦悩も終わり、なんと言うこと、あっという間に人生最終コーナーを駆け抜ける気力が復活しました。目下、書きためられた作品を編み、「エッセイで読み解く教育・指導のエッセンス」(仮題)の編集を始めています。来月末には、「書肆彩光」の「彩光文庫」シリーズ第4弾として発行できそうです。そのほか、もの書き気分も沸き立ってきました。
 皆様のご健康を祈りつつ、今後の変わらぬご交誼をお願い致します。

 宗内 敦
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/184 《前のページ | 次のページ》
/184