teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:k-tane  投稿日:2005年 2月25日(金)16時48分49秒
  ALS以外の在宅療養患者・障害者に対する家族以外の者によるたんの吸引の取扱いについて(報告書案)
在宅及び養護学校における日常的な医療の医学的・法律学的整理に関する研究会(第10回)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/02/s0207-6.html
 
 

(無題)

 投稿者:k-tane  投稿日:2005年 2月23日(水)14時38分11秒
  障害者自立支援法案に関する資料です
今までのものよりかなり詳しい資料つきです
障害保健福祉関係主管課長会議資料
http://www.wam.go.jp/wamappl/bb01Mhlw.nsf/vAdmPBigcategory50/4932E9E9FE02649749256FB0001F306B?OpenDocument
障害者自立支援法案参考資料
http://www.wam.go.jp/wamappl/bb01Mhlw.nsf/vAdmPBigcategory50/2DC633DB1F6A447B49256FB000271372?OpenDocument
 

(無題)

 投稿者:k-tane  投稿日:2005年 2月20日(日)17時55分23秒
  マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/mscorp/citizenship/ca/npo/
 

(無題)

 投稿者:k-tane  投稿日:2005年 2月16日(水)23時06分39秒
  厚労省のホームページに全文がでています
障害者自立支援法案要綱
障害者自立支援法案
身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、児童福祉法の新旧対照条文
http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0214-1.html
 

(無題)

 投稿者:k-tane  投稿日:2005年 2月10日(木)23時46分3秒
  朝日新聞   在宅患者のたん吸引、ヘルパーでも可能に 厚労省方針
厚生労働省は7日、医師や看護師、家族にしか認められていない在宅の難病患者や高齢者に対するたんの吸引を、ヘルパーもできるようにする方針を固めた。厚労省の研究会が同日容認の考えをまとめたのを受け、近く都道府県に通知し、今年度中に実施できるようにする。たんの吸引が必要な在宅患者は脊髄(せきずい)損傷や脳血管の疾患患者など少なくとも1万5000人はいるとされ、拡大は家族の負担軽減につながる。
たんを自力でのみ込んだり、出したりできなくなると窒息する恐れがあるため、1時間に1回から数回の吸引が必要。吸引は医療行為とされ、例外的に患者の家族などに認められている。
03年に筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)の在宅患者だけを対象にヘルパーの吸引が認められたが、筋ジストロフィーや小児難病などの患者団体からは、対象範囲を広げるよう求める声が出ていた。
医師法などで許される行為の範囲などを検討してきた研究会は同日まとめた報告書で、ヘルパーの吸引について、訪問看護の充実など在宅療養の環境が整うまでの措置として「当面はやむを得ない」と容認した。
病状や障害が安定していて、自力でたんを出せず長期間吸引が必要な人が対象。病名は問わない。ヘルパーは医師や看護師からたん吸引の指導を受けるほか、患者の同意が必要になる。吸引範囲は比較的危険性の低い鼻と口の中で、のどを切開している場合ははめ込んだプラスチック製器具までとした。
ALS患者の吸引では、事故が起きた場合責任問題が生じることなどを恐れてヘルパーの対応が分かれ、見込んだほど普及していないとの指摘もある。研究会でも吸引を医療行為から外すべきだとの意見も出たが、例外的とする位置づけは変えず、今後の課題とされた。(02/07 21:02)
 

(無題)

 投稿者:k-tane  投稿日:2005年 2月 1日(火)23時08分3秒
  在宅及び養護学校における日常的な医療の
医学的・法律学的整理に関する研究会(第9回)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/01/s0124-7.html
 

原田さん、ホントですか?

 投稿者:ジャンボハンバーグ  投稿日:2005年 1月31日(月)13時59分0秒
  突然ですが原田さん、本を出すって本当ですか?一体どんな内容なんですか?きっと原田さんのことだからまた、楽しいイラストがいっぱい、夢いっぱいの本になるんじゃないかと楽しみにして待っているでござるよニン、ニン・・・。てへっ、なーんちって!ちょっと古かったかしら?ジョーダンだってばよー!ふふーんだ!!じゃあね、バイバーイ!!  

(無題)

 投稿者:k-tane  投稿日:2005年 1月22日(土)09時37分32秒
  「グランドデザイン案」で述べられていた障害者新立法の概要がでていますhttp://www.wam.go.jp/wamappl/bb01Mhlw.nsf/vAdmPBigcategory10/83403C8B0F2CAF9649256F90000D67F4?OpenDocument  

あけましておめでとうございます

 投稿者:k-tane  投稿日:2005年 1月 4日(火)20時53分9秒
  2005年がはじまりました。
みなさま今年もよろしくお願いいたします。
といってもずいぶん長い間ご無沙汰しておりました。
11月いっぱい殺人的な忙しさで、その後12月は精神の休養を
自主的にいただきまして、新年になってしまいました。
心機一転情報の収集は、この掲示板が一番と言われるくらい
飛び交う掲示板にしたいと思います。
よろしくお願いいたします。
 

日経ネット

 投稿者:・・・  投稿日:2004年11月21日(日)18時51分31秒
  介護保険料徴収、06年度の「20歳以上」への拡大断念

 介護保険制度改革の最大の焦点だった負担・給付の対象拡大問題で、若年障害者を
2006年度に給付対象に加えることは見送られる方向が19日固まった。厚生労働省の保
険料納付を40歳以上から20歳以上へ広げる案も経済界などの反発が強く、2006年度施
行は断念。省内には「35歳以上」とする案も浮上しているが、早期実現は難しい情勢
だ。

 2000年4月に始まった介護保険は法律で施行5年後の抜本見直しが決まっている。政
府・与党は来年の通常国会に関連法案を提出し、基本的に2006年4月から一連の制度
変更を施行する方針だ。厚労省が当初検討したのは、20歳以上が負担する代わりに、
保険給付の対象に65歳未満の障害者らも加える案。支え手を増やし制度を安定させ、
介護関連の需要に幅広く対応するのが目的。自民党社会保障制度調査会介護委員会
(鴨下一郎委員長)は18日に改革の基本方針をまとめたが、給付と負担の対象拡大だ
けは結論を示さず、年末をめどに検討を続けるとしていた。 (07:01)
 

レンタル掲示板
/16